日本株投資戦略

日本株投資の展望、日経平均株価予想など株初心者、株式投資歴ベテランの方にも読まれるメルトレ「アナリストレポート拾い読み」コンテンツから抜粋した記事を紹介しています。

スポンサーリンク
日本株投資戦略

ESG投資の観点で注目すべき企業・海外機関投資家好みの高ROE銘柄リスト

2022年の株式投資テーマと注目株 米国金利上昇、グロース株の急落、急激な円安ドル高が進み1ドル130円を突破して20年ぶりに外国為替市場は円安になった。ロシアがウクライナ侵攻して地政学的リスクが急浮上、G7各国はロシア経済制裁を科した。
日本株投資戦略

日経平均株価上昇はゴールデンウィーク明け証券会社の買い推奨銘柄リスト

日経平均株価予想はいつ株価上昇するか証券会社アナリストの予想、野村證券、モルガンスタンレー証券、大和証券など国内大手証券や外資系証券アナリストが買い推奨銘柄リストをピックアップ、セクター投資判断(業種別投資判断)やレーティングなどを紹介。
日本株投資戦略

高配当株ランキング予想配当利回り4%超、PBR1倍以下の銘柄スクリーニング

高配当株投資リターンが株式投資の魅力で年率4%以上の銘柄スクリーニング、国内証券による日本株見通しと注目銘柄、業種セクター投資戦略など証券アナリストレポート株式投資情報。株主優待、好配当株の最終権利付き売買日は3月29日で相場の戻り高値を
日本株投資戦略

ロシア・ウクライナ地政学的リスクで下落した株価はいつ下げ止まるか?

ロシア・ウクライナ戦争で地籍学的リスクから世界の株価は急落、1970年以降の主要地政学リスクイベントで株価指数が調整した平均期間は19日、WTI原油価格が130ドル台まで急上昇、コモデティ市況が急上昇、野村證券が原油価格と世界景気の想定に基づく3つのシナリオを予想
日本株投資戦略

ロシア・ウクライナ侵攻と日本株見通し過去の戦争開始に株式市場は上昇

ロシアがウクライナ侵攻リスクで世界の株価は大幅下落、ロシア・ウクライナ開戦から世界の株価は急反発、日経平均も大幅高。戦争と株価の関係は米国株式市場は過去3つの戦争(湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争)の開戦時と同様に上昇に転じたと指摘。
日本株投資戦略

下げ相場の対応策!大手証券会社が日経平均株価2万4500円まで下落予想

株価下落が続き日経平均株価はいつまで下げる?どこまで下がる?日経平均株価下値目処について大手証券会社がチャート分析から3月に安値「彼岸底」を予想。日本株相場見通しと株式投資銘柄リストは短期リバウンド銘柄、日本郵船株価上昇はどこまで上がるか
日本株投資戦略

2022年決算発表集計通期会社計画の上方修正を発表した企業は104社

2022決算発表による市場予想を上回った銘柄は約59%、通期計画上方修正は104社もあった。投資家は好業績銘柄に投資意欲が改善、海運株とJ-REITが株価下落してもアナリスト投資評価買い継続、トヨタ自動車生産台数計画とFA関連株の銘柄選択は
日本株投資戦略

セクター投資法(銀行・自動車・鉄鋼・海運・IT・不動産・商社・建設)

景気サイクル投資法、業種別投資法(セクター投資法)など投資家は投資対象とする業種を切替えていくセクターローテーション投資法が有効だと言われている。業界地図のように銀行、自動車、鉄鋼、海運、商社、IT企業、化学、繊維、不動産、建設ゼネコンのセクター投資判断
日本株投資戦略

クレディスイス証券、三菱UFJが選ぶ2022年の小売業界注目企業

2022年の有望テーマと参考銘柄10社を国内証券アナリストレポートに掲載、外資系クレディ・スイスと大手銀行系の三菱UFJモルガン・スタンレー証券は2022年の注目株を小売業界からピックアップ。日本株で資産運用をしている投資家向けにテクニカル分析も解説。
日本株投資戦略

2022年の日本株見通し投資テーマ注目株・日経平均株価3万3500円予想

2022年の日経平均株価は3万5000円予想、日本株式投資の相場展開を大手証券会社アナリストが株式見通しと注目株の投資テーマを分析。経済再開リオープニング関連株、北京オリンピック後の中国株見通しは日本株に好影響、海外投資家は日本株に強気派が増加している。
日本株投資戦略

証券会社アナリストレポート8社の株式投資見通し個別推奨銘柄リスト

証券会社アナリストレポートが2022年株式相場見通しレポートを作成、JPモルガン証券は2022年の前半戦では商社と機械を推奨。後半戦では輸送、素材化学、不動産を推奨、東海東京証券(東海東京調査センター)は3期連続で売上高経常利益率の向上が期待できる銘柄をスクリーニング24社リストを紹介。
日本株投資戦略

2022年の日本株はどうなる?TOPIXは1年間で10%の上昇余地があると予想

2022年の日本株見通しについてファンダメンタルズ、テクニカルの両面から証券会社ストラテジスト、アナリストがレポートで株式市場見通しを紹介している。日経平均株価予想、TOPIX予想は上昇するとの見方が強く金利動向、世界景気動向に注目。日経平均株価はゴールデンクロスを形成。
日本株投資戦略

野村證券による株式相場見通し日経平均は3万2000円に向けて再び上昇

野村證券による株式相場見通し日経平均は3万2000円に向けて再び上昇、証券ジャパン投資情報部による株式見通しでは、決算発表直後の株価反応は想定以上にネガティブな動きが多かったと指摘、SMBC日興証券テクニカル分析レポートでは日経平均、ドル円、WTI原油チャート分析
日本株投資戦略

短期リバウンド候補25銘柄スクリーニング日本株投資アイデアと株価見通し

日本株投資アイデアとして、9月高値をつけてから安値までの下落率が20%以上、25日移動平均線からのマイナス乖離率が10%以上の銘柄に着目して、外部環境が落ち着いた際の短期リバウンド候補をスクリーニング。ファンダメンタルズとテクニカル、株式投資の銘柄選び初心者でもわかる株式情報。
日本株投資戦略

クレディスイス2021年度下期に保有すべき日本株13銘柄リスト

クレディスイス証券が2021年度下期に保有すべき日本株13銘柄リストを紹介している、選挙後の日本株見通し、みずほ証券は日経平均株価2万8000円程度まで株価下落すると予想、SMBC日興証券は3万2000円程度まで日経平均株価上昇すると予想。
日本株投資戦略

政治と株価の関係-内閣総理大臣が変わると日経平均株価が上がる?

菅総理大臣が退陣を表明してから日経平均株価は6営業日で1800円以上も上昇した。政治と株価の関係、総理大臣が変わると日経平均株価が上昇するのはなぜ?ゴールドマンサックスアナリストは次に誰が選ばれようとも日経平均株価は一段高を予想、海外投資家は6642億円の日本株買い越し
日本株投資戦略

2021年8月の日本株展望、日経平均株価予想と個別注目銘柄

リオープン銘柄とは?新型コロナウイルス収束後の経済活動で敏感に業績回復する個別銘柄投資テーマのことを意味する。特にコロナ影響が業績に大きかった企業ほど反動で業績急回復する。小売り業のリオープン関連銘柄は良品計画、ワコールホールディングス、マツモトキヨシホールディングスを大和証券がトップピックで推奨。
日本株投資戦略

ゴールドマンサックスTOPIX目標引き上げ野村證券が日本株強気スタンス継続

オリンピックと株価の関係が注目される中、東京五輪は新型コロナウイルスワクチン接種と感染者数が増えている点が日経平均株価下落の原因のひとつになっている。ゴールドマンサックスは1年後のTOPIX目標を引き上げ、野村證券は日本株強気スタンス継続
日本株投資戦略

東京オリンピック後の日経平均株価予想32,000円ニューノーマル時代への復帰は2023年

東京オリンピック後の日経平均株価は?株式相場見通しを外資系証券、国内証券アナリストレポートをまとめた。コロナ後の「リオープニング関連銘柄」をクレディスイスがレポートにまとめた、新型コロナウイルスワクチン接種状況から経済活動が再開、業績と株価が回復する銘柄をリストアップ。
日本株投資戦略

株式投資資産運用と株価チャート分析・日経平均株価予想ドル円見通し

株式投資資産運用チャート分析から日経平均株価予想とドル円相場見通し。みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJ、クレディスイス、ゴールドマン・サックスなど投資銀行や証券アナリストレポート情報
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました