日本株投資戦略

日本株投資の展望、日経平均株価予想など株初心者、株式投資歴ベテランの方にも読まれるメルトレ「アナリストレポート拾い読み」コンテンツから抜粋した記事を紹介しています。

日本株投資戦略

東京オリンピック後の日経平均株価予想32,000円ニューノーマル時代への復帰は2023年

東京オリンピック後の日経平均株価は?株式相場見通しを外資系証券、国内証券アナリストレポートをまとめた。コロナ後の「リオープニング関連銘柄」をクレディスイスがレポートにまとめた、新型コロナウイルスワクチン接種状況から経済活動が再開、業績と株価が回復する銘柄をリストアップ。
日本株投資戦略

株式投資資産運用と株価チャート分析・日経平均株価予想ドル円見通し

株式投資資産運用チャート分析から日経平均株価予想とドル円相場見通し。みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJ、クレディスイス、ゴールドマン・サックスなど投資銀行や証券アナリストレポート情報
日本株投資戦略

投資信託・大手証券会社10社レポート日経平均株価見通しと注目銘柄

新型コロナウイルス感染症流行と医薬品卸業者 大和証券医薬品卸セクターのレポートでは、新型コロナウイルス感染症流行に伴う受診抑制からの回復は想定以上に鈍いと指摘。独占禁止法違反に係る指名停止の影響はあるものの、指名停止解除後の入札では、指名...
日本株投資戦略

注目株と2021年の相場見通しゴールドマンサックスが日本株上昇予想

ゴールドマン・サックスレポート相場見通し 金利の上昇自体は問題ではなく上昇スピードが焦点と指摘、金利上昇局面での日本株リターンは良好となる傾向があり、実質金利の上昇に対する耐性も他国株式市場に比べて高いことから足元の金利環境は日本株にとっ...
日本株投資戦略

野村證券推奨銘柄、三菱UFJモルガンスタンレー日経平均株価予想6月末33,000円

野村證券推奨銘柄・小売企業 野村證券小売セクターのレポートでは、直近1ヶ月の百貨店株上昇は消費回復を見据えたものとみているものの、楽観視は禁物と指摘。 消費行動変化の影響が一定程度残りそうなことから、回復後でも百貨店やコンビ...
日本株投資戦略

ゲームストップ株価上昇相場、個人投資家に空売りファンド シトロン・リサーチ敗北

株価上昇挽回のチャンス業種 野村證券による株式市場見通しでは、マクロ情勢の悪化はうかがえないことから、今回の株安は短期調整の範囲内で収まると指摘。新型コロナウイルス拡大緩和の局面として参考になるのは昨年5月、8月、11月とみて、これら3カ...
日本株投資戦略

2021年株価予想-日経平均30,000円超えコロナワクチン世界景気回復期待

野村證券2021年見通し 世界的に来年前半までの株安リスクは縮小。日経平均の上振れシナリオは日本株需給ひっ迫、海外投資家と日銀の日本株買いが11兆円まで膨らめば日経平均32000円も視野に。日経平均30000円超えは需給、25000円割れ...
日本株投資戦略

2021年相場見通しとアナリスト注目株1月から3月は上昇

SMBC日興証券アナリストレポート 調剤薬局業界見通しレポートでは、COVID-19感染拡大で受診抑制が進み、医療機関の経営状況が悪化していると言われている中、薬局は大きく売上を落としていないと指摘。今期業績が厳しくとも、来期以降COVI...
日本株投資戦略

在宅勤務一般化オフィス空室率上昇、コロナ影響で中古車需要増加

菅政権、バイデン政権・エネルギー関連銘柄 水戸証券アナリスト再生可能エネルギー関連のレポートでは、菅首相が2050年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロにすると宣言、米国ではバイデン氏が大統領当選を確実にしたことにより、再生可能エネル...
日本株投資戦略

株価チャート分析2021年1月から大きく下落3月に日経平均2万4000円、TOPIX1650ポイント

野村證券-鉄鋼業界予想 鉄鋼セクターのレポートでは、11月下旬に発表された鉄鋼関連の統計は、生産回復、輸出価格上昇、国内鋼材在庫率低下など業界環境の好転を示す内容と指摘。 10月の輸出価格を見る限り、10~12月期の高炉の輸出価格は...
日本株投資戦略

ECサイト企業・Webメディア動画コンテンツ業界好調の推奨銘柄

Webメディア動画コンテンツが好調 野村證券インターネット・メディアセクターのアナリストレポートでは、インターネットの主なポイントとして、ECは好調で高い伸びを持続し、ネット広告は回復傾向が顕著で特に予約型から運用型広告へ需要のシ...
日本株投資戦略

iPhone12スペックiPhone12 Pro MaxはセンサーシフトOISの採用

iPhone12 Pro Max iPhone 12 Proは10月23日発売 iPhone 12 Pro Maxの予約注文は11月6日から クレディ・スイス証券電子部品セクターのレポートでは、iPhone12のスペックに驚きはない...
日本株投資戦略

米大統領選でバイデン氏が勝利の場合、財政増加、環境関連がテーマ化すると解説

11月のターゲットリスト SMBC日興証券による株式市場見通しではアメリカ大統領選挙などで視界不明瞭も、景気や業績のサイクルは既に底打ちした公算が大きいと指摘。EPS回復・PER横ばいを想定、政策ショック次第でPER上昇、年末ラリーの可能...
日本株投資戦略

新型コロナウイルス影響による倒産件数と銀行株の投資判断・人材派遣・転職関連業界

人材派遣・転職関連業界と注目株 大和証券が作成した人材セクターのレポートでは、7~9月期対比で派遣契約解除増加の動きは聞かれないと指摘。製造/求人関連では徐々に新規案件が増加しつつあるも、事務派遣/技術者派遣では新規案件が少ない印象だと指...
日本株投資戦略

アメリカ大統領選挙後の日本株見通し2020年末に日経平均2万4000~2万4500円

アメリカ大統領選挙後に株式相場は上昇 SMBC日興証券による日本株見通しによると株式市場が上方向に離陸するのは、11月3日の米大統領選通過後になると指摘。中間決算で業績上振れが確認できるとみて、中間決算を超えると相場は来期目線とな...
日本株投資戦略

医療学会の中止やバーチャル化コロナ禍により対面MR活動が大幅に縮小

ツムラ補中益気湯や葛根湯などにコロナ処方として需要 クレディスイス証券医薬品セクターのレポートでは、先行きのリスク懸念が高まると医薬品セクターのディフェンシブ性が再度見直される可能性があると指摘。9月期決算はコロナ禍により対面でのMR活動...
日本株投資戦略

個人消費が新型コロナウイルス前の水準に戻るのは2023年~2024年を予想

大和証券 小売セクターのレポートでは、個人消費は低調、雇用・所得環境は厳しさを増すも、腰折れは回避できると指摘。節約志向が高まる中、巣篭り消費やプチ贅沢消費も続くとみて、個人消費が新型コロナウイルス前の水準に戻るのは2023年~2024年...
日本株投資戦略

クレディ・スイス証券はiPhone関連、自動車関連銘柄の株式投資を推奨

SMBC日興証券 工作機械セクターのレポートでは、7月~8月受注が27%減となったことを受け、9月以降も前年ハードルの低下や、新型肺炎からの回復に伴い受注のマイナス幅は縮小に向かうと指摘。2021年は新型肺炎の影響がなくなることで、前年比...
日本株投資戦略

安倍総理辞任で日経平均株価は2万500円~2万1000円程度まで調整すると予想

安倍総理辞任正式発表2020年8月28日 大和証券カードセクターのレポートでは、。COVID-19を契機とした収益環境悪化は4~6月がボトムに近かったと指摘。長期の観点では、オンライン消費とカード決済の親和性が高いことや、感染症リスク防止...
日本株投資戦略

外国ファンド「オーバーウエート銘柄リスト」新規BUY組入れ8銘柄

野村證券アナリストレポート テレビ局業界のレポートでは、放送単体の営業利益は第1四半期決算として過去最も厳しかったと指摘。番組制作費計上の後ずれを理由に、同証券の営業利益予想は全社上振れたものの、第2四半期のスポット広告収入も低迷が予想さ...
タイトルとURLをコピーしました