日本株投資戦略

2022年の日本株はどうなる?TOPIXは1年間で10%の上昇余地があると予想

2022年の日本株見通しについてファンダメンタルズ、テクニカルの両面から証券会社ストラテジスト、アナリストがレポートで株式市場見通しを紹介している。日経平均株価予想、TOPIX予想は上昇するとの見方が強く金利動向、世界景気動向に注目。日経平均株価はゴールデンクロスを形成。
SBI証券

ソレイジア・ファーマ株式投資判断「買い」giftee(ギフティ)レーティング格下げ「売り」

SBI証券はソレイジア・ファーマ株式投資判断を「買い」継続、目標株価を320円から300円へ引き下げた。SBI企業調査部川村龍太アナリストは「期ズレした、SP-02、SP-05の導出に期待」とアナリストレポートを発行した。SBI証券は共立メンテナンス株式投資判断を「中立」継続、giftee(ギフティ)株式投資判断を「中立」から「売り」へ格下げした、アナリストの視点は「Go toキャンペーンよりも流通額と売上高の推移の仕方に注目」
Market News

ストラテジックキャピタル投資先の淺沼組株価がストップ高

株式会社ストラテジックキャピタルの投資先企業として淺沼組株価がストップ高、淺沼組が増配を発表した事が投資家に好感された。モノ言う株主、アクティビストの投資ファンドとしてストラテジックキャピタルが大量保有している株式銘柄は極東貿易、極東開発工業、日本証券金融、有沢製作所など現在の投資先一覧
投資テーマ銘柄

デイトレ・スイングトレードに役立つ情報レポートダウンロード

資料ダウンロード:2021年12月アナリスト説明会スケジュール表 証券アナリストはIR説明会で企業が発表する情報から分析、投資判断を見直すタイミングでレーティングの格上げ・格下げ、目標株価引き上げ・引き下げのレポートを執筆する直前のタイミングを察知することでデイトレード、スイングトレードの投資機会となります。
Market News

東海東京証券マンスリーレポート日本株ストックピック2021年11月号

東海東京証券レポート日本株ストックピック11月号は参考銘柄コマツ、日本電産、ソニーグループ、日立製作所、ダイフク、日本M&Aセンター、インソース、エムスリー、東レ、伊藤忠テクノソリューションズの10銘柄。10月の中長期参考銘柄は6銘柄が上昇
日本株投資戦略

野村證券による株式相場見通し日経平均は3万2000円に向けて再び上昇

野村證券による株式相場見通し日経平均は3万2000円に向けて再び上昇、証券ジャパン投資情報部による株式見通しでは、決算発表直後の株価反応は想定以上にネガティブな動きが多かったと指摘、SMBC日興証券テクニカル分析レポートでは日経平均、ドル円、WTI原油チャート分析
Market News

トレンドマイクロ決算ポジティブゴールドマンサックスがレーティング買い

ウイルスバスターのトレンドマイクロ株価が大幅高、決算発表の内容が良かったことでゴールドマンサックス証券レーティング「買い」を評価。トレンドマイクロ株価は年初来高値を更新、ユニプレス決算発表が株価にネガティブに反応、自動車減産の影響で営業損失がユニプレス会社計画を下回った。
Market News

ダイワ・セレクション銘柄2021年11月号は決算発表シーズン前で入替無し

大和証券口座開設するとダイワ・セレクションやマンスリー投資情報レポートが充実している。11月のダイワ・セレクション銘柄は独自の成長力を有する銘柄、世界的な競争力を有する銘柄、内需好業績銘柄で日本株は20銘柄構成。株式ポートフォリオ参考にダイワ・セレクションは個人投資家に人気がある。
Market News

SMBC日興証券アナリストレポート2021年11月ターゲットリスト

SMBC日興証券アナリストレポート「正鵠~日興SMBCストラテジー・マンスリー11月号」で11月のターゲットリスト銘柄を掲載。10銘柄中、新規採用銘柄が6銘柄の組み合わせで、インフレ耐性がある企業、来期業績好調な企業、バリュエーションが髙過ぎない銘柄、コモディティ価格上昇に恩恵を受ける銘柄など選挙後の銘柄選びに参考情報として注目。
日本株投資戦略

短期リバウンド候補25銘柄スクリーニング日本株投資アイデアと株価見通し

日本株投資アイデアとして、9月高値をつけてから安値までの下落率が20%以上、25日移動平均線からのマイナス乖離率が10%以上の銘柄に着目して、外部環境が落ち着いた際の短期リバウンド候補をスクリーニング。ファンダメンタルズとテクニカル、株式投資の銘柄選び初心者でもわかる株式情報。
Market News

クレディ・スイス証券「コンセンスBUY銘柄」エレクトロニクスセクター

クレディスイス証券エレクトロニクスセクターのレポートでは、半導体在庫調整リスクについて投資家のトーンとして、調整時期が見えないが調整リスク上昇への理解は浸透し、アップサイドよりダウンサイドが意識されている状況と指摘。総合電機セクターは、テクノロジーセクター調整局面での逃避先としての人気があるとみて、日立製作所(6501)や富士通(6702)は「コンセンサスBUY」銘柄
投資テーマ銘柄

資料ダウンロード:アナリスト説明会スケジュール表

資料ダウンロード株式投資情報に役立つアナリスト説明会・IRミーティングスケジュール予定表プレゼント。決算発表シーズンに証券アナリスト向け説明会が開催されます、レーティング変更、目標株価変更などアナリストレポート作成されるタイミングはアナリスト説明会の後になるので
日本株投資戦略

クレディスイス2021年度下期に保有すべき日本株13銘柄リスト

クレディスイス証券が2021年度下期に保有すべき日本株13銘柄リストを紹介している、選挙後の日本株見通し、みずほ証券は日経平均株価2万8000円程度まで株価下落すると予想、SMBC日興証券は3万2000円程度まで日経平均株価上昇すると予想。
テクニカルチャート

そーせいグループ株価チャートの見方、底固め上昇波動入り今後の見通し

そーせいグループ株価チャート分析で今後の株価見通しをSMBC日興証券チーフテクニカルアナリスト吉野豊氏がテクニカル分析レポートをリリースした。そーせいグループ株価は最高値6,545円から748円まで株価下落、その後2番底固めを確認して上昇波動入り2022年に2022年に3,100円処の節目を上回り株価上昇した場合
Market News

SMBC日興ストラテジーマンスリー2021年9月ターゲットリスト

SMBC日興証券マンスリーレポート2021年9月号のターゲットリストは業績安定化の銘柄を選定、新規採用7銘柄を組み入れた。先行きの情勢不安からディフェンシブ銘柄を中心に大和ハウス工業、サントリー食品インターナショナル、日立製作所、丸井グループなど業種、銘柄も多岐に渡っている。
日本株投資戦略

政治と株価の関係-内閣総理大臣が変わると日経平均株価が上がる?

菅総理大臣が退陣を表明してから日経平均株価は6営業日で1800円以上も上昇した。政治と株価の関係、総理大臣が変わると日経平均株価が上昇するのはなぜ?ゴールドマンサックスアナリストは次に誰が選ばれようとも日経平均株価は一段高を予想、海外投資家は6642億円の日本株買い越し
Market News

ビジネスチャット Chatwork KDDI提供プラン価格変更

Chatwork料金プラン変更「KDDI Chatwork」は2021年10月から料金変更となる、ビジネスチャットツールおすすめランキングでは、slack、Chatwork、Microsoft Teamsが人気があるベストスリー。チャットワーク料金変更により1ユーザー売上金額が16%上昇して利益向上になるとの予想。
Market News

ダイワセレクション8月号の構成銘柄20社 日経平均株価とTOPIX

ダイワ・セレクションとは大和証券の投資情報部が毎月発行する「マンスリー」に連動して、証券アナリストやストラテジストが個別銘柄解説や株式相場見通し、為替相場見通し、米国株見通し、日本株見通しを解説している投資情報レポート。個人投資家に役立つ投資情報ツール。
日本株投資戦略

2021年8月の日本株展望、日経平均株価予想と個別注目銘柄

リオープン銘柄とは?新型コロナウイルス収束後の経済活動で敏感に業績回復する個別銘柄投資テーマのことを意味する。特にコロナ影響が業績に大きかった企業ほど反動で業績急回復する。小売り業のリオープン関連銘柄は良品計画、ワコールホールディングス、マツモトキヨシホールディングスを大和証券がトップピックで推奨。
日本株投資戦略

ゴールドマンサックスTOPIX目標引き上げ野村證券が日本株強気スタンス継続

オリンピックと株価の関係が注目される中、東京五輪は新型コロナウイルスワクチン接種と感染者数が増えている点が日経平均株価下落の原因のひとつになっている。ゴールドマンサックスは1年後のTOPIX目標を引き上げ、野村證券は日本株強気スタンス継続
タイトルとURLをコピーしました