テクニカルチャート

テクニカルチャート

2021年の注目銘柄「大転換が始まる年」ドル安、日経平均株価上昇拡大

金融緩和から景気拡大へ SMBC日興証券は2021年のセクター、個別株展望、テクニカルポートフォリオ1月~3月号レポートをリリースした。2021年は為替、商品、金利の記帳が転換して日経平均株価は上昇拡大を予想している。 20...
テクニカルチャート

日経平均株価見通し2020年5月か6月にリバウンド後に2番底探りへ

日本株見通しチャート分析 みずほ証券チャートテクニカル分析レポートでは、4月SQ値(日経平均1万9577円48銭、TOPIX1420.11ポイント)を超えていると年初来高値から安値の2分の1戻りに近い日経平均2万円やTOPIX15...
テクニカルチャート

外国為替FX見通しは1ドル円107.1円、106円、103.9円が当面のサポート

ドル円見通し・株見通し SMBC日興証券テクニカル分析レポートによると、NYダウや独DAX指数、印SENSEX30などは最終的な底を打ったとは考え難いものの、短期的には4月半ば頃の時間帯までの間に、もう一段の戻りを試す可能性があると指摘。...
テクニカルチャート

日経平均株価ボリンジャーバンド新型コロナウイルスへ過度な警戒感は後退

新型コロナウイルスと投資戦略 東洋証券日本株投資戦略では、新型肺炎(新型コロナウイルス)への過度な警戒感は後退しているものの、外部環境をにらみながらの流れは継続しそうと指摘。ニュースには一喜一憂する場面が予想されるとしながらも、米国の株価...
テクニカルチャート

日本株長期見通し日経平均株価3万円超え2030年頃になると予想

日経平均株価バブル経済の史上最高値更新 みずほ証券長期見通しでは、東証1部の純利益は2020年にかけて年率10%の増加が続き、EPSは2014年3月期の77ポイントから2021年3月期に153ポイントへ上昇すると指摘。 世界的平均P...
テクニカルチャート

今週の日経平均・TOPIXは上値を試す動きテクニカル分析レポート

12月後半から1月にかけて調整局面と予想 みずほ証券テクニカル分析レポートでは、今週の日経平均・TOPIXは上値を試す動きになるものの、9月以降の上昇を牽引していた海外投資家の先物買いと裁定売残の買い戻しが一巡、売買代金も2兆円割れが目立...
テクニカルチャート

日本株・米国株チャート分析「期待先行の上昇局面は終わり」

日米株式見通し「上昇局面の終わり」 SMBC日興証券テクニカル分析レポートでは、9月以来の株式、金利の反発とREITや金の反落は11月半ばで一巡したと指摘。足元の株式の反落が軽微なもので収まれば、12月に一段の反騰がるとしながらも、期待先...
テクニカルチャート

2019年の日経平均予想、日本株は割安感強まる株式相場見通し

2019年は新たな強気相場元年か 三菱UFJモルガン・スタンレー証券作成のエリオット波動テクニカル分析レポートでは、「悲観の中で強気相場は生まれる-2019年は新たな強気相場元年か」をリリース。2018年の株式相場は年初の楽観から年末の悲...
テクニカルチャート

日経平均株価見通し9月~2月の間に19500円前後でダブルボトム形成

日経平均23000円の壁を超えられるのか? 日本株は割安との見方が強い一方で日経平均株価2万3000円が壁となっている。この水準では戻り売り圧力が強く、2018年8月最終週は3度も23000円超えに失敗した形となっている。 みず...
テクニカルチャート

日経平均株価22000円回復、本格的戻り目処計算値は全値戻し24000円超え

倍返し計算値2万4657円 安倍首相が4月17日~18日に訪米して日米首脳会談が行われている、今のところ株式市場に大きな材料は出ていないが、4月18日の日経平均株価は約1か月半ぶりに22000円を回復した。 大和証券は「2200...
テクニカルチャート

ソニー株価チャート分析2018年に6520円~7170円処へ上昇

SMBC日興証券「2017年の注目10銘柄」 SMBC日興証券が「2017年の注目10銘柄」のアップデート、9月以降にTOPIXをアウトパフォームし始めるとレポートをリリースした。採りあげて掲載されている銘柄は、ソニー(6758)。三菱U...
テクニカルチャート

日経平均ダブルトップ形成後に年末年始は下値模索の展開を予想

12月メジャーSQ裁定買い残12億株 みずほ証券がリリースしたテクニカル分析レポートでは、日経平均株価は今週からクリスマス前に先物を中心に乱高下してダブルトップ形成後、年末年始は下値模索の展開を予想、2万1000円~2万3300円のレ...
テクニカルチャート

北朝鮮水爆実験による売り圧力は一時的、短期強気シグナル点灯

テクニカル分析では「強気シグナル点灯」 9月3日に北朝鮮が水爆実験を行い、週明けの東京株式市場は売り先行スタート。日経平均株価は200円超の下落となり、心理的節目となる19500円を割り込む場面があったが、外国為替市場では1ドル=10...
テクニカルチャート

5月の株為替見通し「ドル高・円安・株高」日経平均株価2万円目指す

5月相場はリスクオン、日経平均株価年初来高値 5月に入り株式相場の見通しは強い上昇が期待されている、北朝鮮地政学的リスクの鎮静化、フランス大統領選挙は史上最年少で中道系のマクロン大統領の誕生が2つの地政学的リスクを消化した。 日本株...
テクニカルチャート

北朝鮮リスクと為替ドル円レート見通し、有事の際には1ドル103円台

北朝鮮有事と為替相場見通し、円高は短期突っ込み フランス大統領選挙の投票結果が市場コンセンサスのマクロン氏、ルペン氏という結果から欧州リスクオフ。為替市場では1ドル/110円台までドル高に入り、日本株が上昇した。しかし東アジア情勢が晴れず...
テクニカルチャート

株見通し、日本株の今後は5月に下値固め6月以降に日経平均2万円

【SMBC日興証券】 テクニカルでは、日経平均は1月高値19594円と3月高値19633円でダブルトップを形成、直近の下げで短期底18787円を割り込んだことから、調整が継続していることが確認されたと指摘。3月中旬を境に下げが拡大し始めて...
テクニカルチャート

日経平均見通し2017年の高値は6月に23000円がベストシナリオ

日経平均見通し2万円超えのトレンド発生 【三菱UFJ】 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では日経平均見通しを4月~6月に21000円から23000円を試す可能性を指摘。今年の前半は強い展開が期待できるとしてベストシナリオは6月に230...
テクニカルチャート

2017年の注目10銘柄リスト国内証券が年間を通じて有望株を選定

日経平均、ドル円の見通し、新たな上昇局面へ SMBC日興証券チャートテクニカル分析レポートでは日経平均株価、ドル円ともBrexit(英国EU離脱)国民投票で急落した昨年6月末の安値で底を打ち、新たな上昇波動へ移行したと指摘。2017年1月...
テクニカルチャート

日経平均19000円を割り込むと18300円近辺まで調整の可能性

トヨタ株価チャートが崩れたトランプTwitter影響か 日経平均株価チャート引用:マーケットスピード 為替市場では1ドル=114円台までドル下落、日経平均株価は200円超の下落、トヨタ自動車(7203)、富士重工(7270)など...
テクニカルチャート

日経平均株価予想、2019年~2021年まで長期強気相場が続く見通し

日本株、長期強気相場入り日経平均3万円も 日経平均株価は長期上昇トレンド入りが明確になった。26週移動平均線と52週移動平均線がゴールデンクロスとなり、アベノミクス相場開始の2013年から2015年6月まで強気相場が続いた以来の事となる。...
タイトルとURLをコピーしました