メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

経営者が選ぶ有望銘柄2017年、トヨタ自動車が4年連続トップ

2017/01/05

日本経済新聞元旦恒例の経営者が選ぶ有望銘柄ランキング

日本経済新聞が元旦紙面で毎年恒例となっている特集、「経営者が選ぶ有望銘柄」では上場企業社長20名のアンケートからトヨタ自動車が有望株ランキング首位となった。トヨタ自動車は4年連続ランキングトップ、2位は信越化学、3位に伊藤忠商事、4位にソニーがランクインしたことが注目された。

2016年11月、米国大統領選挙後にトランプラリーで上昇率上位にある銀行株は、三菱UFJフィナンシャル・グループがNTTデータと同順位の7位に入った。しかしあれだけ銀行株が上昇したのに上場企業の経営者が選ぶ有望株には、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループもランキング外だったのが印象深い。

信越化学も4年連続2位に入った、毎年、日本経済新聞社が特集する経営者が選ぶ有望銘柄は「1位トヨタ、2位は信越化学」が4年連続だったことになる。トヨタ自動車は自動車を中心に成長を続け、円安効果の恩恵を最も享受する企業との見方や、信越化学は「優れた技術と基盤に基づく競争力のある企業(富士フイルム古森会長)」と掲載されていた。

ソニーは昨年43位から今年は4位に急浮上、VR(仮想現実)としてエンターテイメント分野で強みを持ち、構造改革で業績が回復したことが得票を増やした。日立製作所も昨年は18位から5位に急上昇した。IoT(あらゆるモノがインターネットにつながる)に注目され、NTTデータは東京五輪関連で内需が高まると予想された。

ソフトバンク、日本電産は名物経営者でいつも何かをすることが期待される。個人的には、やはり日本経済新聞の「私の履歴書」で今年は日産自動車のカルロス・ゴーンCEOが連載開始されたので、「私の履歴書と株価の関係」はどうなのだろう?と感じた。

参考【無料登録】リアルタイムに最新情報をメールでお届け
参考2017年の日経平均株価予想、野村證券は2月に22000円高値
参考ビットコイン(仮想通貨)関連銘柄、投資家が注目する11銘柄リスト

経営者が選ぶ有望株2017年トヨタ

三菱UFJフィナンシャル・グループのkabu.com証券




経営者が選ぶ有望銘柄2017年ランキング

格付け
7203 トヨタ自動車  モルガン
4063 信越化学  クレディ
8001 伊藤忠商事  東海東京
6758 ソニー  ドイツ
6939 ダイキン工業  GS
6501 日立製作所  UBS
9613 NTTデータ  大和
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ  野村
4901 富士フイルム  ドイツ
6503 三菱電機  SMBC
9984 ソフトバンクグループ  JPM
6594 日本電産  パリバ
1924 大和ハウス工業  岩井コスモ
6954 ファナック  シティ
1803 清水建設  みずほ
サラリーマン投資家ランキング マネックスFX「FXプレミアム」 圧倒的な投資情報力!注目銘柄を無料公開!

日本経済新聞2017年1月1日付け朝刊より

 

 

  

-日本株投資戦略
-, , , , , ,