2017年の注目10銘柄リスト国内証券が年間を通じて有望株を選定

注目10銘柄 テクニカルチャート

日経平均、ドル円の見通し、新たな上昇局面へ

SMBC日興証券チャートテクニカル分析レポートでは日経平均株価、ドル円ともBrexit(英国EU離脱)国民投票で急落した昨年6月末の安値で底を打ち、新たな上昇波動へ移行したと指摘。2017年1月~3月には短期的な揺り戻しが生じる可能性があるものの、4~5月以降は上昇の勢いが強まり、日経平均株価は2017年末までに2万2000円へ上昇する可能性があるとみて、金利がボトムアウトする中、上昇相場の牽引役の交代が鮮明になると予想。

化学セクターは既に2015年の高値を上回っており、今後2015年の高値を抜いていく有望なセクターとして、建設、情報・通信、電機・半導体、金融、化学、機械セクターを採り上げています。さらに株価の波動からみて2017年の年間を通じて有望と判断される銘柄を10銘柄リストアップして「2017年の注目10銘柄」として紹介されています。

参考2017年の日経平均株価予想、注目の投資テーマをメール配信
参考新規上場のシャノン値つかず、最終気配値は公開価格の2.3倍

2017年の注目10銘柄




2017年の注目10銘柄(SMBC日興証券)
1893 五洋建設
2337 いちご
2810 ハウス食品グループ本社
3402 東レ
6361 荏原製作所
6758 ソニー
6762 TDK
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
9613 NTTデータ
9697 カプコン
サラリーマン投資家ランキング 口座開設キャンペーン!最大20,000円キャッシュバック!

参考SMBC日興証券 2月ターゲットリスト新規8銘柄を追加
参考トランプ大統領関連銘柄、米インフラ投資、資源関連の注目株6リスト
参考GPIFが保有する日本株は83銘柄増加して2120銘柄に

コメント

タイトルとURLをコピーしました