メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

タカタ急落ウォールストリートジャーナル事情に詳しい複数関係者の話

タカタ(7312)下落率トップ、短期株価2倍以上に上昇した反動安

タカタ(7312)が続急落。後場に前日比94円(9.4%)安の901円まで売られる場面もあった、大引けは70円安の925円で東証1部の値下がり率ランキングでトップ。前日は3連続ストップ高の反動から出来高を伴って反落しており、きょうもその流れが続いている。

12月29日付のウォール・ストリート・ジャーナル電子版で、事情に詳しい複数の関係者の話として、「米司法省との和解に近づいている。来年初めにも和解内容で合意する見通しだ」と伝えられたことが買い材料とななり、同日から3連続ストップ高となった。

急伸前の12月28日終値607円から前日の昨年来高値1233円まで2倍超の水準まで上昇した。きょうは急落しているものの、株価は依然5日線を上回ったいるほか、出来高も前日と比べ急減しており、売り圧力が弱まっていることもあり、日足チャートで見た上昇トレンドそのものに変化は生じていない。


タカタ値下がり率ランキングトップ

東証一部市場値下がり率ランキング(2017年1月6日)引用:ヤフーファイナンス

参考米投資銀行がドル下落トレンドの始まり、1ドル=110円台への調整と
参考ドル下落トレンドの始まりと兆候、外資系投資銀行がドル安4つの理由
参考経営者が選ぶ有望銘柄、日本経済新聞2017年1月1日特集
参考ウォールストリート・ジャーナル日本版




  

-Market News
-, , , , ,