そーせいグループHTL18318の国内フェーズ2試験が8月に開始

そーせいグループ開発プログラム Market News

HTL18318 セールスピーク800億円予想

株式分割後そーせいグループ(4565)株価が軟調に推移しているが、7月24日に出来高・売買代金ともに急増。7月5日安値1304円を底値に下値を固める展開に発展しそうな株価チャートになってきた。

同社のHTL18318が国内フェーズ2試験が、7月19日付けで「Clinical Trial.gov(NCT03598262)」に登録されたことがポジティブ材料として買われた模様。

国内大手証券バイオセクターアナリストは、「重要な進捗でプラスな印象」とコメント。今回の試験期間は2018年8月~2021年1月の予定、患者数172人、有効性の観察期間は12週間。

アナリスト予想では、2025年に承認されて売上高800億円、成功する確率は30%として業績予想に織り込んでいるという。

参考(英語サイト)HTL0018318 in Patients With Dementia With Lewy Bodies (DLB)

そーせいグループ開発プログラム

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




そーせいグループ未公表の新薬開発パイプラインを20近く保有
そーせいグループ未公表の開発新薬 そーせいグループ(4565)株価が190円安の8620円まで下落して軟調に推移。11月と1月の高値12000円台から現在の8000円台まで、株価が大きく下落したことで個人投資家の間で感心の高い銘柄となって...

コメント

タイトルとURLをコピーしました