メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

ジーニー決算進捗率は営業利益0.3%、第一四半期はやや弱い進捗

ジーニー「ちきゅう」シナジー効果は10月~12月期以降

ネット広告・アドテクノロジー事業をメインに2017年12月に新規株式公開したジーニー(6562)第一四半期決算は、弱い印象で株価は低迷。8月17日には安値1385円まで株価下落して、2月の上場来安値1372円に迫る場面もあった。

東海東京証券ではジーニー投資判断を未付与だが、決算内容についてアナリストレポートを発行している。4月~6月期の1Q決算は売上高40億円、前年30億円実績から10億円の増加、営業利益は200万円で前年実績6000万円から大幅減。

通期会社計画に対する進捗率は売上高20%、営業利益0.3%で、アドプラットフォーム事業が前年比31%増の35億7000万円、MAJINマーケティングプラットフォームは35%増の2億5000万円、海外事業は1%増の2億5000万円だった。

アナリストはジーニー今後の成長ポイントに、アドプラットフォーム事業のシェア拡大による売上成長、「ちきゅう」とのシナジー効果は10月~12月期以降から効果が出ると分析している。

ジーニー決算説明会資料

参考ジーニー決算説明会資料
参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




  

-Market News
-,