チェンジ自動運転技術等のロボティクス・インテグレーションサービス

チェンジ自動運転技術 Market News

東証マザーズ上場のチェンジが自動運転技術関連株として

9月27日にマザーズに新規上場し、IoTやビッグデータ分析などIT(情報技術)の導入や運用を支援するチェンジ(3962)が後場急伸。一時、前日比440円(10,6%)高の4600円まで買われている。きょうの後場寄りに、自動運転技術等のロボティクス・インテグレーションサービスの提供を開始すると発表し、買い手掛かり材料視されている。

ビジネスプロセスの自動化による生産性革新を目的として、自律移動ロボットテクノロジー、コミュニケーションロボットテクノロジー、搬送用ロボットテクノロジーなどのロボティクス技術のコンセプトデザインから実際の導入までの一連のプロセスを統合的に支援するサービスを開始する。

チェンジ自動運転技術

企業の生産性革新を目的とした『自動運転技術等のロボティクス・インテグレーションサービス』を提供開始 | 株式会社チェンジ
「全産業のソフトウェア化と部品化、及び分散型ソフトウェア視点での業務全書き換え」をベースとしたインダストリーソフトウエア・トランスフォーメーション事業

世界最大級の運用会社ブラックロックが大林組、鹿島を新規大量買い

サラリーマン投資家ランキング




コメント

タイトルとURLをコピーしました