メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

カルナバイオサイエンス投資評価を新規「A」、キナーゼ阻害剤に特化

レーティングに株価が反応して大幅高

カルナバイオサイエンス(4572)がローソク足の窓を開けて急伸。前日比230円(11.97%)高の2150円まで買われている。いちよし経済研究所がポジティブなレポートをリリースしており、買い手掛かり材料視されている。

レポートでは、CDC7阻害剤AS-141の導出による収入とジアシルグリセロールキナーゼ(DGK)関連ビジネスによる収入で、2017年12月期からの黒字転換及び黒字拡大が期待されると指摘。こうした損益面での新たなステージ入りを見込み、フェアバリューを3000円に設定して、新規にレーティング「A」を付与する、としている。

きょうの上昇で、5日線が25日線を下から上にクロスした。今月に入り株価はもみ合い相場となっていたため、こうした場面ではだましも出やすいものの、株価の調整が終わる可能性もありそうだ。

カルナバイオサイエンスレーティング

参考為替予想2017年、ドル円は1ドル125円、足元は円安の初動段階
参考2017年注目株テーマ、防衛関連銘柄を大手証券が投資戦略で推奨
参考ビットコイン(仮想通貨)関連銘柄、投資家が注目する11銘柄リスト
参考海外ファンド、そーせいグループ株式を5.68%取得




  

-Market News
-, ,