ブイキューブ「ひふみ投信マザーファンド」へ第三者割当増資を発表

ブイキューブ第三者割当増資 Market News

ブイキューブ「テレワーク関連銘柄」

東証一部上場企業ブイキューブは9月6日引け後に、第三者割当増資による新株発行を行うことを決定したと発表した。割当先は独立系資産運用会社レオスキャピタルワークスが運営する「ひふみ投信」で株価にポジティブに反応すると予想される。

ブイキューブ第三者割当増資の条件は、発行額1株582円、資金調達額9億9522万円、資本組入額1株に付き291円、資本組入額の総額は4億9761万円、割当先「ひふみ投信マザーファンド」、払込日9月22日の予定となっている。

本件による資金調達で政府の推進する「働き方改革」、「テレワーク」に更なる利便性を感じるサービスを向上させる狙いがあり、既にWEB会議、クラウド型ビジュアルコミュニケーションではシェア首位級。

教育ICT化、遠隔教育、遠隔医療などテレワークに関心が高まっており、資金調達によってソフトウェア、サービスの向上を目指すという。

ひふみ投信

参考ブイキューブIR情報-第三者割当による新株式の発行に関するお知らせ
参考レオスキャピタルワークス「ひふみ投信マザーファンド」銘柄入替




ひふみ投信、評判の良い投信組み入れ銘柄の格付けを調べてみた
ひふみ投信レオス・キャピタルワークス 藤野英人ファンドマネージャーひふみ投信運用成績が良いと評判でテレビ番組で紹介されていた、ひふみ投信はレオスキャピタルワークスが運営会社で藤野英人最高投資責任者が6000社を超える会社訪問をして、投資対象

投資レジェンドが教える ヤバい会社 (日経ビジネス人文庫)

ひふみ投信のファンドマネージャー藤野英人氏が書き下ろした新著
「ヤバい会社」はどういう会社に投資して良いか?
投資してはいけない会社の見極め方などが面白く記載されている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました