メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

アダストリア決算失望売りで東証一部市場の下落率ランキングトップ

アダストリア国内既存店の前年同期比は2.5%増

アダストリアグローバルワークグローバルワークなど多数ブランドを展開しているアダストリア(2685)が日足ローソク窓を開けて急反落。一時、前日比430円(12.9%)安の2900円まで売られている。12月29日引け後、2017年2月期9カ月(2016年3~11月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比1.4%増の1489億2500万円と増収となったものの、営業利益は同5.0%減の136億3200万円となり、失望売りが出ているようだ。

売上高は、相次ぐ台風などの天候不順による影響はあったものの、国内既存店の前年同期比は2.5%増、同社グループ全体の前年同期比は1.4%増と堅調に推移した。収益面では、晩夏から初秋にかけて値下げ率が拡大したものの、原価の低減が進んだ結果、売上総利益率は58.7%(前年同期比0.1ポイント増)となり、前年とほぼ同じ水準となった。

それでも、据え置かれた通期の連結営業利益は170億円(前期比6.2%増)の見通しで、進捗率が80.2%となっている。ことところの株価は高値でもみ合いとなっていたこともあり、利益確定目的の売りも出やすい局面。ただ、きょうの下げで直近の安値3055円を割り込んでいる。

参考【無料登録】リアルタイムに最新情報をメールでお届け
参考2017年の日経平均株価予想、野村證券は2月に22000円高値
参考トランプ相場はいつまで続く?
参考ビットコイン(仮想通貨)関連銘柄、投資家が注目する11銘柄リスト
参考海外ファンド、そーせいグループ株式を5.68%取得




  

-Market News
-, ,