チャート分析

テクニカルチャート

テクニカル分析とファンダメンタルズの組み合わせで株式相場の先を読む

テクニカルとファンダメンタルズ、株価の将来を予想するうえでどちらを重視する方がよいのか?投資判断と相場予測、チャートの読み方がわからない株式投資初心者によくある話だがテクニカル分析専門の証券会社レポートから日経平均株価下値目処を予想する。
日本株投資戦略

株式投資資産運用と株価チャート分析・日経平均株価予想ドル円見通し

株式投資資産運用チャート分析から日経平均株価予想とドル円相場見通し。みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJ、クレディスイス、ゴールドマン・サックスなど投資銀行や証券アナリストレポート情報
日本株投資戦略

株価チャート分析2021年1月から大きく下落3月に日経平均2万4000円、TOPIX1650ポイント

野村證券-鉄鋼業界予想 鉄鋼セクターのレポートでは、11月下旬に発表された鉄鋼関連の統計は、生産回復、輸出価格上昇、国内鋼材在庫率低下など業界環境の好転を示す内容と指摘。 10月の輸出価格を見る限り、10~12月期の高炉の輸出価格は...
テクニカルチャート

日経平均株価ボリンジャーバンド新型コロナウイルスへ過度な警戒感は後退

新型コロナウイルスと投資戦略 東洋証券日本株投資戦略では、新型肺炎(新型コロナウイルス)への過度な警戒感は後退しているものの、外部環境をにらみながらの流れは継続しそうと指摘。ニュースには一喜一憂する場面が予想されるとしながらも、米国の株価...
テクニカルチャート

日経平均株価22000円回復、本格的戻り目処計算値は全値戻し24000円超え

倍返し計算値2万4657円 安倍首相が4月17日~18日に訪米して日米首脳会談が行われている、今のところ株式市場に大きな材料は出ていないが、4月18日の日経平均株価は約1か月半ぶりに22000円を回復した。 大和証券は「2200...
テクニカルチャート

日経平均ダブルトップ形成後に年末年始は下値模索の展開を予想

12月メジャーSQ裁定買い残12億株 みずほ証券がリリースしたテクニカル分析レポートでは、日経平均株価は今週からクリスマス前に先物を中心に乱高下してダブルトップ形成後、年末年始は下値模索の展開を予想、2万1000円~2万3300円のレ...
テクニカルチャート

日経平均見通し2017年の高値は6月に23000円がベストシナリオ

日経平均見通し2万円超えのトレンド発生 【三菱UFJ】 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では日経平均見通しを4月~6月に21000円から23000円を試す可能性を指摘。今年の前半は強い展開が期待できるとしてベストシナリオは6月に230...
テクニカルチャート

2017年の注目10銘柄リスト国内証券が年間を通じて有望株を選定

日経平均、ドル円の見通し、新たな上昇局面へ SMBC日興証券チャートテクニカル分析レポートでは日経平均株価、ドル円ともBrexit(英国EU離脱)国民投票で急落した昨年6月末の安値で底を打ち、新たな上昇波動へ移行したと指摘。2017年1月...
テクニカルチャート

日経平均株価、底入れ条件に終値で1万6416円を維持するかに注目

日経平均株価、26週移動平均線と13週移動平均線がポイント 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、日経平均株価が26週移動平均線を維持できれば底打ち機運が高まりやすくなるとレポートで紹介している。 同証券のアナリストは、9月15日...
タイトルとURLをコピーしました