大林組リニア中央新幹線関連の入札で不正行為の疑いで家宅捜索

大林組ロゴマーク Market News

リニア中央新幹線工事の入札に偽計業務妨害

大手ゼネコンの大林組へ東京地検特捜部が家宅捜索したことが報じられた。リニア中央新幹線関連工事の入札に関して、偽計業務妨害という不正行為があった疑いが持たれているという理由。

JR東海(9022)は東京・品川から大阪まで1時間で移動できるリニア中央新幹線計画を進めている。工事費は総額で9兆円、2027年に東京~名古屋、2045年に東京~大阪の全線開業予定。

東京地検特捜部は名古屋市内のリニア中央新幹線関連工事に関しての入札について、発注側が入札参加企業を決める指名競争見積もり方式、広く入札を募る公募競争見積もり方式を行ってたが、大林組(1802)に偽計業務妨害の疑いがもたれて強制家宅捜索を受けた。

大手ゼネコンには談合、独占禁止法違反など公共工事の仕切り役など、建設業界独特のしきたりが度々問題視されてきた。

大林組リニア中央新幹線工事家宅捜索

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考注目株・レーティング速報サービス内容




リニア中央新幹線関連銘柄、注目33企業リストから株式投資テーマ
リニア中央新幹線は総額9兆円の建設費 政府が経済対策20兆円超との観測で株式市場は「リニア中央新幹線関連銘柄」にも注目度が高まった。自民党は「21世紀型のインフラ整備」を提言、JR東海は完成時期を最大8年前倒しするために政府から支援と報じ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました