国内大手が三菱UFJを銀行セクターのトップピック銘柄に

Market News

三菱UFJフィナンシャル・グループを「BUY」、トップピック銘柄

日銀金融政策決定会合でマイナス金利の深掘りがなかったことで、市場は銀行・金融機関に配慮した追加金融緩和だったと一定の評価。29日からメガバンクを中心に急上昇、きょうは上げ一服となっている。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)は前日比21円安の523.6円と反落、三井住友FG(8316)は80円安の3354円、みずほFG(8411)は2.8円安の168.2円と銀行株は全般的に反落となっている。

国内トップの野村證券は、三菱UFJフィナンシャル・グループのレーティングを「BUY」、セクター内でのトップピックを位置付けを継続するとレポートで紹介した。PBRが0.4倍で割安感が極めて強いとコメントしている。

7日間無料お試し
◆7日間無料トライアル ◆メールマガジンで配信される内容 1)レーティング速報 2)銘柄速報 3)兜町の話題銘柄 4)アナリストレポート拾い読み 5)今日のポジティブ&ネガティブ銘柄 6)市場の話題 ご登録後、1週間メル...

 

GPIF保有銘柄リスト2037銘柄(国内株式)トップはトヨタ自動車
GPIFが保有する日本株2037銘柄、時価総額31兆円 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2015年3月末時点の運用成績を公開した、運用の透明性を高めるという意図だが保有する日本株の銘柄・株数など詳細にデータを...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました