アンジェスMGベペルミノゲン申請、国内初の遺伝子治療薬

アンジェス Market News

アンジェスMG遺伝子治療薬ベペルミノゲン

アンジェス

アンジェスMGに関心が高まりそうだ、同社は開発中の遺伝子治療薬の製造販売承認の申請を構成労働省にすると報じられた。承認されれば株式市場だけでなく、社会的にも大きな話題となりそうなネタだけに注目される。

アンジェスMGは、開発中の重症虚血肢の薬「ベペルミノゲン」は血管が詰まって足が壊死する病気の患者へ、直接足に注射すると新しく血管を作り血行促進する作用がある期待の遺伝子治療薬。承認されれば国内初となる。

ベペルミノゲン見通しは承認されれば、国内初の遺伝子治療薬となり、2018年に販売開始、開発はアンジェスMG,販売は提携先の田辺三菱製薬(4508)が行う。

メールマガジン登録完了でレポートがご覧になれます。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTewylTcXz




参考アンジェスMG(4563)レーティング・大量保有報告書
参考アンジェスMG、三田証券が純投資の保有株を売却減少へ
参考プレミアムコース情報で有望短期銘柄を配信

アンジェスMG高血圧DNAワクチンに関する特許が日本で登録を好感
アンジェスMGが後場急伸、高血圧DNAワクチン特許登録 アンジェス MG(4563)が急伸。後場は買い気配スタートし一時、前日比17円(7.2%)高の253円まで買われている。きょうの前引けに、同社の高血圧DNAワクチンに関する特...

コメント

タイトルとURLをコピーしました