メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

投資テーマ銘柄

半導体関連株に注目、3D NAND、AI(人工知能)、IoT関連に幅広い

半導体関連株に注目、3D NAND、AI(人工知能)、IoT関連に幅広い

toshiba-3d-nand

世界の株式市場で半導体関連株が上昇している、特に東芝(6502)が得意とする「3D NAND」は需給ひっ迫となっており、SCREEN(7735)、東京エレクトロン(8035)の株価上昇は、めまぐるしい勢いだ。

東芝は2015年9月15日から不適切な会計処理問題で特設注意市場に指定されたために、機関投資家などが保有株組み入れから外したはず。そして現在の業績回復力と、特設注意市場を解除され東証一部市場に正常に戻された場合は、今まで保有できなかった機関投資家から買い需要が発生する。

2011年に福島原発問題で東京電力株価が暴落した、その後、機関投資家は社内ルールにより保有株を損失覚悟で売却したところが多い。それから指数組み入れなどイベントがあると、インデックス運用から機関投資家は組み入れせざるを得ない。東京電力株が大商いで大幅高したのは記憶に新しいことだろう。

さて、SMBC日興証券から「今からでも遅くない半導体関連銘柄」というレポートが発行された。レポートで紹介されているのは10銘柄で、「前工程:日立国際、ニコン、スクリーン、東京エレクトロン」。「後工程:ディスコ、新川、TOWA、アドバンテスト、東京精密」が紹介され、最後に3D NANDの東芝が記載されている。

半導体はAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット(Internet of Things : IoT))、自動運転など需要が高まるばかりか、新興国向けへの需要も高まっている。同証券では将来への業績を織り込み切れていない、今が投資タイミングと言えると紹介しています。




 

今からでも遅くない半導体関連銘柄 大手証券注目株10

コード 銘柄 投資評価
6756 日立国際電気 前工程  モルガン
7731 ニコン  三菱UFJ
7735 SCREEN  UBS証券
8035 東京エレクトロン  ゴールドマン
6146 ディスコ 後工程  ドイツ証券
6274 新川  メリルリンチ
6315 TOWA  岩井コスモ証券
6857 アドバンテスト  クレディスイス証券
7729 東京精密  SMBC日興証券
6502 東芝  UBS証券
ランキングつづき

 

6502chart

8035chart

merutore336_80

東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇

シャープ崩壊 ―名門企業を壊したのは誰か

空メール登録で短期銘柄送ります

スポンサーリンク

  

-投資テーマ銘柄
-, , , , , , ,