メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

7月のターゲットリストSMBC日興証券が大幅に銘柄入替

7月の日本株見通しと注目銘柄

6月相場は米国FOMCにて米国利下げが注目され、G20開催と米中首脳会談で貿易摩擦の緩和が期待と不安が取り巻き、投資家の慎重なポジションが見受けられた。日本株に対しては海外投資家がウェートを下げており選挙と消費税増税、国内景気減速懸念が手控え要因。

SMBC日興証券レポートによると、「投資家のセンチメントは「陰の極」に到達か?」とQUICK月次サーベイから投資家センチメントは「これ以上下がらない」水準に到達しており長い目で見れば相場が分岐点に差し掛かった可能性があると解説している。

そのうえで、相場の転換期は早ければ7月、遅ければ9月のタイミングが重要としており米国FOMCの利下げと、企業業績発表のタイミングに注目している模様。


参考プロレベルの資産運用を誰にでも。

7月のターゲットリスト

新しく作成された「7月のターゲットリスト」は新規9銘柄と既存パーク24の合計10銘柄で構成されている。銘柄選定は既に株価下落しており、下値余地が乏しく、業績に安定性がある企業が選ばれている。

SMBC日興ストラテジー・マンスリー7月号
証券コード 企業名 業種セクター
2264 森永乳業 NEW 食品
3283 日本プロロジスリート投資法人 NEW REIT
3865 北越コーポレーション NEW 紙パルプ
4324 電通 NEW メディア
4666 パーク24 不動産
4901 富士フイルムHD NEW 精密機器
5929 三和ホールディングス NEW 住宅設備
6301 コマツ NEW 機械造船プラント
6976 太陽誘電 NEW 電子部品
9069 センコーグループHD NEW 運輸倉庫
業界最低水準の手数料は岡三オンライン証券 月1万円から資産運用を始めよう!

参考サラリーマン投資家注目株ランキング



資産運用シミュレーション(無料)

Theo+docomo
THEO+ docomo(テオプラスドコモ)が新手数料、おつり積立投資キャンペーンを開始。NTTドコモユーザーは dポイントが毎月貯まる新しいタイプの人工知能を駆使したロボットアドバイザー資産運用。「老後2000万円問題」から資産運用セミナー、iDeCo など資産運用が大注目されています。

株式投資、FX投資、暗号通貨投資(仮想通貨)など知識や投資に費やす時間が無い方でも「おまかせ投資」できるうえ、初めての方もスマホから簡単3ステップで無料口座開設がスピーディーに完了!

THEO+ docomo の特長

・資産運用ロボアドにAI(人工知能)搭載
・dポイントが運用額に応じて毎月貯まるメリット
・買い物の「おつり」で投資できるメリット
・機関投資家が採用しているアルゴリズム
・スマホから1万円で始められ自動積立投資が可能
・下記バナーから「資産運用シュミレーション」が無料


THEO AIアシスト-AIを活用してさらなる安心を。
〜国内主要ロボアド唯一のAI搭載(2018年8月末時点)
AIが資産の大幅下落を予想して、リスクを回避〜

  

-Market News
-, , , , ,