メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

高木証券TOB、東海東京が1株270円で完全子会社化へ上場廃止に

高木証券上場廃止、東海東京証券の子会社化に

高木証券TOB東海東京

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(8616)が東証二部上場の老舗証券会社である高木証券(8625)をTOB(株式公開買付け)すると発表した。TOB価格は高木証券1株270円、取得金額は約158億円、買収終了後に高木証券は上場廃止となる。

2月20日引け後に東海東京フィナンシャル・ホールディングスは高木証券をTOBにて完全子会社化を目指し、TOB(公開買付け)後は高木証券は上場廃止になると発表した。高木証券の営業基盤は関西に強みを持ち、東海東京証券の中部地方営業基盤とシナジー効果を目指す考え。

高木証券は創業明治6年という老舗証券会社、野村證券系列の野村総合研究所(4307)や野村土地建物が大株主になっているが、本件のTOBに賛同しているという。

高木証券の2月20日の終値は223円で、TOB価格270円は47円のプレミアム価格になっている、東海東京の終値は647円だった。

東海東京は2016年に関西基盤のエース証券に出資して持分法適用会社にするなど、関西方面に営業地盤を拡大させている。




参考毎日の投資情報・短期スイングトレード銘柄を配信
参考アデランス上場廃止、2月10日つけで非上場化に
参考レッド・プラネット・ジャパン継続企業の前提に関する注記の記載解消

  

-Market News