メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

ソフトバンク「ハイテク投資ファンド」にAppleが10億ドル出資計画

ソフトバンク昨年来高値、目先はもみ合い放れに期待

ソフトバンクグループ(9984)が3営業日続伸。株価はジリ高の展開となり、前日比175円(2.2%)高の8170円まで買われ、12月15日につけた昨年来高値8068円を更新した。12月半ばから5日線に沿ったもみ合いとなっていたが、きょうは現時で3連続陽線を示現し、もみ合い放れとなるかどうか注目されそうだ。

同社に関しては、ウォール・ストリート・ジャーナル電子版が4日付で、「米アップルは4日、ソフトバンクが新設するハイテク投資ファンドに10億ドル(約1200億円)を出資する計画であることを認めた」と伝えている。このほかSankeiBizで、「情報通信技術(ICT)を活用した幼稚園や保育園の育児支援事業に本格参入する」と伝えられている。

参考日経平均入替予想1月に有力候補、野村證券が目標株価を大幅に引き上げ
参考新華ホールディングスがストップ高、上場廃止猶予期間から解除を好感
参考日経平均株価予想、2019年~2021年まで長期強気相場が続く見通し
参考経営者が選ぶ有望株、日本経済新聞2017年1月1日特集

ソフトバンクハイテクファンドにアップル出資




  

-Market News
-, , ,