注目株

日本株投資戦略

短期リバウンド候補25銘柄スクリーニング日本株投資アイデアと株価見通し

日本株投資アイデアとして、9月高値をつけてから安値までの下落率が20%以上、25日移動平均線からのマイナス乖離率が10%以上の銘柄に着目して、外部環境が落ち着いた際の短期リバウンド候補をスクリーニング。ファンダメンタルズとテクニカル、株式投資の銘柄選び初心者でもわかる株式情報。
Market News

SMBC日興ストラテジーマンスリー2021年見通しとターゲットリスト

SMBC日興証券2021年見通しと投資戦略 バブル後の高値、日経平均株価は31年振りの株価水準へ回復、2万8000円台乗せとなって株式市場は盛り上がっている。米国金利低下が余剰資金が株式市場へ回り過剰流動性相場を作り上げている。 ...
日本株投資戦略

2021年相場見通しとアナリスト注目株1月から3月は上昇

SMBC日興証券アナリストレポート 調剤薬局業界見通しレポートでは、COVID-19感染拡大で受診抑制が進み、医療機関の経営状況が悪化していると言われている中、薬局は大きく売上を落としていないと指摘。今期業績が厳しくとも、来期以降COVI...
日本株投資戦略

原油価格上昇・石油業界見通しと注目株に出光興産トップピック

物流業界トラック人手不足とネット通販拡大 ゴールドマンサックス証券レポート物流セクター投資情報では、工作機械受注や半導体出荷の前年比マイナス幅が概ね底入れしたことから、航空貨物輸送量は2019年内に底入れ、2021年3月期前半に前年比で増...
投資テーマ銘柄

大手証券の推奨するキャッシュリッチ企業・高配当利回り銘柄

3月末は配当狙いシーズン 株式相場はクラッシュしてからリバウンド基調となってきた一時は日経平均株価予想PER13倍割れ、日経平均株価EPS1650円と割安な水準にある。日本株投資戦略として、どんな荒れた相場でも確たる理由がある銘柄は上...
投資テーマ銘柄

世界株価急落後に大手証券が選ぶ日本株2月の注目31社リスト

ストック・セレクション・マンスリー2018年2月 米国株式市場が2018年2月2日にダウ工業株が665ドル75セント安の2万5520ドル96セント、翌日は更に大幅安となり一時1600ドル近く下落して終値は1175ドル21セント安の2万43...
Market News

楽天が携帯電話事業新規参入を正式発表、通信設備2社が注目株

楽天が携帯電話事業新規参入を正式に発表、通信設備2社が注目株 12月14日、日本経済新聞が報道したことをきっかけに午前11時過ぎに楽天自らも開示情報をリリースした。2018年1月に総務省が新たに携帯電話向けに割り当てる電波へ楽天が...
Market News

アンリツ新規「オーバーウェイト」目標株価まで上昇余地が大きい

アンリツ5G関連注目株 アンリツ(6754)が買い優勢から始まった、前日比30円高の1090円で寄り付き、前場の高値は62円高の1122円まで買われる場面があった。午後に入り日経平均株価が瞬間的に500円安と急落する場面があっても...
日本株投資戦略

ゴールドマンサックス日本株見通し注目機械セクター個別銘柄

日本株~みずほ弱気見通し、SMBC強気見通し 【野村證券】 銀行セクターのレポートでは、7月後半以降低下傾向が続く米国債利回りに連れ安したと指摘。先進国での賃金上昇圧力鈍化が改めて意識されたことに加え、北朝鮮情勢緊迫化や米国の連邦債務上...
日本株投資戦略

株式市場見通し日経平均株価は2万円で一旦頭打ち夏場にかけて調整

日本株投資戦略2017 日経平均2万円 【みずほ証券】 株式市場見通しでは、日経平均株価は20000円で一旦頭打ち、夏場にかけて調整すると予想。それでも、夏場の株価調整は浅くなるとみて、年末にかけて再度20000円以上に上昇する...
日本株投資戦略

為替見通しトランプ大統領政策が影響、メリルリンチ日本株強気を強調

2017年の日経平均は年末までに2万2000円 【野村】 機械セクターのレポートでは、2017年前半は中国の春節明けの需要が強いため、世界の機械需要にポジティブな見方が広がり、シクリカル・バリュー株が注目されそうと指摘。年後半には2年目...
タイトルとURLをコピーしました