日本株見通し

日本株投資戦略

新型コロナウイルス影響による倒産件数と銀行株の投資判断・人材派遣・転職関連業界

人材派遣・転職関連業界と注目株 大和証券が作成した人材セクターのレポートでは、7~9月期対比で派遣契約解除増加の動きは聞かれないと指摘。製造/求人関連では徐々に新規案件が増加しつつあるも、事務派遣/技術者派遣では新規案件が少ない印象だと指...
日本株投資戦略

JPモルガン証券レポート日本株見通し新型コロナウイルス影響

日本製鉄4400億円赤字2月7日構造改革発表 野村證券が作成した鉄鋼セクターのレポートでは、新型肺炎が海外鋼材価格に与える悪影響や鉄屑価格の下落を踏まえると、普通鋼電炉の堅調な業績が4~6月期頃まで続き、高炉、特殊鋼電炉の業績落ち込みは決...
日本株投資戦略

JPモルガン8月のターゲット銘柄、内需関連・独自の材料性ある企業

8月のターゲット銘柄 ファンダメンタルズ面の悪化で基本的に強気になり難い相場環境の下で、内需業種、独自の材料が見込める銘柄を中心にJPモルガン証券は「8月のターゲット銘柄」を選定して紹介している。 JPモルガン証券アナリストレポ...
日本株投資戦略

日本株見通しと注目銘柄、中小型株に割安感強まり投資妙味高まる

【JPモルガン証券】 中小型株のレポートでは、世界的景気減速傾向が続いていることや、中小型の割安感が強まっていること、足を引っ張ってきた小売株のアンダーパフォーム一巡が見込まれることから、中小型株の相対パフォーマンスは改善しやすい環境と指...
Market News

6月のターゲットリストSMBC日興証券が新規採用6銘柄

6月の日本株見通しと注目銘柄 日本株はそろそろ下げ過ぎ感が高まっている相場環境で、SMBC日興証券が「正鵠~SMBC日興ストラテジー・マンスリー2019年6月号」で、安定成長の銘柄、株主還元に変化があった銘柄、業績の割に株価の下振れが...
Market News

ダイワ・セレクション1月号は2019年の相場展望と注目銘柄

2019年の株式市場見通しは強気スタンス維持 大和証券が「ダイワ・セレクション2019年1月号」を発行した、新規採用銘柄は4銘柄、脳血管治療用カテーテルの売上拡大が期待されるテルモ、東京オリンピック関連のディスプレイ需要拡大の乃村工藝社、...
日本株投資戦略

2018年~2019年の株式見通し大手証券投資戦略レポート

米中間選挙後の株式相場見通し 【野村】 日本株投資戦略では、足元の日本株は割安で「日本株投資を前向きに考えるべき株価水準」と指摘。多少の業績変動はあったとしても、既往の日本企業の業績改善を本物と見なせば、TOPIX 1850ポイント、日...
日本株投資戦略

日経平均1000円安ショック相場急落後の株式見通しレポート

米国株上昇トレンド崩れ日経平均株価急落 【野村】 商社セクターのレポートでは、上期は米中貿易摩擦に対する懸念を背景に非鉄市況が弱含んだものの、石炭や原油市況が高水準で推移したことで、全般的には資源分野が好調に推移したと指摘。各社...
日本株投資戦略

ゴールドマンサックス日本株見通し注目機械セクター個別銘柄

日本株~みずほ弱気見通し、SMBC強気見通し 【野村證券】 銀行セクターのレポートでは、7月後半以降低下傾向が続く米国債利回りに連れ安したと指摘。先進国での賃金上昇圧力鈍化が改めて意識されたことに加え、北朝鮮情勢緊迫化や米国の連邦債務上...
日本株投資戦略

9月の日本株見通し北朝鮮建国記念日でのミサイル発射の可能性

9月相場見通し、海外投資家による買戻しと北朝鮮リスク綱引き 【みずほ】 9月の日本株見通しでは、足元の外国人投資家の売り越しが大きかったため、短期的には買い戻しが期待できると指摘。9日の北朝鮮建国記念日でのミサイル発射の可能性、20日の...
Market News

新興市場日本株に過熱感、東京都議選と株為替の影響と海外投資家

自民党大敗は海外投資家から日本株売りを誘う材料 2017年7月3日(月曜日)、大引けの日経平均株価は22円37銭高の20055円80銭、TOPIXは2.51ポイント高の1614.41ポイントで終了。東証一部の出来高は16億109万株、売買...
日本株投資戦略

日経平均株価11月の見通し、2017年日本株は7つのテーマに注目

11月のターゲットリスト5銘柄、2017年は7つのテーマ注目株 この記事はメルトレで会員向けに配信している「アナリストレポート拾い読み」です。 【SMBC日興】 11月の見通しでは、上期決算は想定よりも悪くない可能性がある...
タイトルとURLをコピーしました