ゴールドマンサックスが日経平均株価見通しを引き下げ1万4375円と

日経平均株価チャート10年 テクニカルチャート

ゴールドマンサックス証券が日本株の見通しを引き下げ

ゴールドマンサックス証券の日経平均株価見通し、3か月後1万4375円、半年後1万5000円

2016年上半期の日経平均株価は今年のごぼ安値圏で終えた、6月30日の終値は1万5575円と、2015年30日、大納会の終値1万9033円から3458円の値下がりとなった。

ゴールドマンサックス証券は日本株見通しのレポートをリリース、今後3か月の日経平均株価の目標値を1万4375円、半年後は1万5000円、1年後を1万6250円とした。従来予想から大幅に目標株価を引き下げている。

日経平均株価チャート10年

日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンス
日経平均株価のリアルタイム株価、チャート、関連ニュース、配当金などの決算情報を掲載。投資やマネーの総合情報サイト-Yahoo!ファイナンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券は7月~9月が日経平均株価が底入れの重要日柄と

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、7月~9月がテクニカル分析で注目の日柄としており、早ければ7月に行われる参院選挙の前後で日経平均株価が1万3885円近辺で底打ちする可能性と解説している。

同証券では2016年は日本株にとって転機を迎える年と位置付け、1987年ブラックマンデーから31四半期(93か月程度)ごとに日経平均が安値をつけるサイクル、2008年につけた6994円の大底から31四半期が2016年7月~9月、160か月対等日柄でも2016年8月~9月が注目の日柄と一致する。

アナリストは2016年7月~9月は日経平均株価の底入れ時期として、非常に注目度が高いと解説している。

無料メルマガ登録でグレードアップな株式情報をサービスします



株安局面で注目したい30銘柄(2)、大型株より中小型株へ投資戦略
株安局面で注目したい30銘柄(2) 株安局面は誰でも不安になる、国内大手では大型株よりも中小型株へ銘柄選びを推奨。マーケット関係者の間では大和証券がリリースしたレポートが話題となった。 2003年からのデータで大型株より、中小型株の...

 

日銀が大量保有するJ-REIT、低金利時代で有望な投資先リスト一覧表
英国EU離脱後の投資戦略、日銀が保有するJ-REITに注目! Brexit(英国EU離脱)で日本株投資戦略を見直さなければならないタイミングになった。英国ポンド、ユーロ下落、安全資産で円高が強まった、ドル円相場は2年7か月ぶりに1ドル=1...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました