SGホールディングス上場申請(佐川急便)年内上場が明らかに

佐川急便IPO Market News

SGホールディングス上場申請 佐川急便上場へ

佐川急便で知られるSGホールディングスが6月14日、東京証券取引所に上場申請をしたと発表した。今後、上場審査の結果をもって正式な上場日、市場などが改めてわかった時点で発表されることになる。

かねてから佐川急便上場は話題になっていた、2月頃には「佐川急便、年内に東証一部へ上場目指す」という記事が複数のマスコミから報じられた。あれから4か月経った今、本格的に上場に向けて秒読み段階に入った模様。

過去の報道では、佐川急便の持株会社SGホールディングス上場は時価総額3000億円規模、主幹事証券は三菱UFJモルガン・スタンレー証券と大和証券ということだった。現時点では、変更があるかどうかの詳細がわからないが、いずれにせよ2017年IPOでは超大型となる。

2月にSGホールディングス上場が話題になった時は、日立物流(9086)の株価が急上昇した。佐川急便、SGホールディングス、日立物流は資本関係があり保有株資金含み資産価値があがるというメリットが投資家の買い誘った。

参考最新の株式情報をリアルタイムで無料登録

SGホールディングス上場申請




佐川急便上場、東証一部へIPO大型案件で主幹事証券と準備段階に | IPO初値予想
佐川急便上場、時価総額3000億円規模 2月20日、トムソンロイター、中日新聞、日本経済新聞(電子版)などが「佐川急便、東証一部へ上場を目指す」という内容を報じた。各社報道内容がか...
佐川急便上場と日立物流は持分法協業、主幹事は三菱UFJと大和証券
佐川急便上場は年内を目指し三菱UFJモルガン・スタンレー証券と大和証券を主幹事証券に上場準備を進めているという。日立物流と佐川急便が資本関係、SGホールディングスと日立物流が資本関係。日立物流と佐川急便が合併かと思われたがSGホールディングス単独上場となりそう
ビットコイン(仮想通貨)関連銘柄、投資家が注目する11銘柄リスト
将来性の大きなビットコインとは、政府も動き出した今が投資チャンス Bitcoin専用のATM登場、ビットコインとはインターネット上の仮想通貨だがリアルマネーとしてATMでの利用や、送金、飲食店での支払い、ネットショップでの決済など...

コメント

タイトルとURLをコピーしました