新規上場インソースとデュアルタップ、初日はストップ安まで下落

Market News

インソースとデュアルタップが新規上場

東証マザーズ市場に新規上場のインソース(6200)が、公開価格520円と同水準でカイ気配スタートし、午前10時46分に公開価格を55.8%上回る810円で初値をつけた。その後は945円まで買われたものの失速し、終値はほぼ安値引けとなる692円となった。

インソース(6200)上場初日
ヤフーファイナンス
:インソース(6200)上場初日株価チャート

同社は、研修など社会人向け教育サービスを主業務とする。公募70万株、売り出し125万株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し29万2500株を実施。会社側がきょうの寄り付き前に発表した、16年9月期の連結営業利益は前期比1.1%増の4億500万円の見通し。

 

デュアルタップ(3469)は上場初日にストップ安まで下落

また、きょう東証ジャスダック市場にデュアルタップ(3469)が、公開価格1110円と同水準でカイ気配スタート。その後も順調に気配値を切り上げ、午後1時59分に公開価格の2.27倍となる2520円で初値をつけた。その後は失速して、初値から500円ストップ安の2020円まで下落した。

デュアルタップ上場初日ストップ安
ヤフーファイナンス
:デュアルタップ(3469)上場初日ストップ安

同社は、資産運用向けのワンルームマンションなどを販売・仲介したり、賃貸物件を管理したりする。公募20万株、売り出し24万株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し6万6000株を実施。会社側がきょうの寄り付き前に発表した16年6月期の連結営業利益は、前の期比19.9%減の4億800万円の見通し。

 

◆読んでおきたい注目レポート 1)ノムラ個人投資家サーベイ(2016年7月) 2)米大統領選~トランプリスクと今後の見通し 3)外国人投資家が注目する東証マザーズ銘柄はコレだ!? 4)テクニカル分析マンスリー、歴史は繰り返す 5)キャピタルグループ:株式市場の下落を乗り越えるポイント 6)「参議院選挙」の結果の読み方 (日本) (三井住友アセットマネジメント) 7)簡単解説!英国のEU離脱(Brexit) 8)そもそもBrexitって何? メールマガジン登録完了で上記レポートがご覧になれます。 7日間無料お試し◆7日間無料トライアル ◆メールマガジンで配信される内容 1)レーティング速報 2)銘柄速報 3)兜町の話題銘柄 4)アナリストレポート拾い読み 5)今日のポジティブ&ネガティブ銘柄 6)市場の話題 ご登録後、1週間メル...merutore.com2016.06.28

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました