メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

テクニカルチャート

日経平均株価見通し2020年5月か6月にリバウンド後に2番底探りへ

日本株見通しチャート分析

日経平均見通しチャート

みずほ証券チャートテクニカル分析レポートでは、4月SQ値(日経平均1万9577円48銭、TOPIX1420.11ポイント)を超えていると年初来高値から安値の2分の1戻りに近い日経平均2万円やTOPIX1500ポイントを窺う可能性がるものの、これらは上値抵抗線になりやすいと指摘。

日経平均株価1万9000円、TOPIX1400ポイント超は「あまり買いたくない水準」と位置付け、先週末(日経平均1万9498円5銭、TOPIX1430.04ポイント)超は戻り売り水準になると解説。

今後の日経平均見通しは5月か6月にリバウンドした後、夏から秋にかけては大勢的な2番底探りの調整局面と考え、年内の日経平均は15000円から20000円のレンジで推移すると予想しています。

参考サラリーマン投資家注目株ランキング



  

-テクニカルチャート
-,