メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

テクニカルチャート

日経平均19000円を割り込むと18300円近辺まで調整の可能性

トヨタ株価チャートが崩れたトランプTwitter影響か

日経平均ダブルトップチャート
日経平均株価チャート引用:マーケットスピード

為替市場では1ドル=114円台までドル下落、日経平均株価は200円超の下落、トヨタ自動車(7203)、富士重工(7270)など輸出関連の花形企業が値下がり。チャートの節目では19000円が重要なポイント。

トランプ氏が大統領選挙後、初の記者会見を行い証券関係者は発言内容に注目していた。懸念されていたドル高けん制について発言は無かったが、薬価引き下げやオバマケアについて触れたために米国株式市場では医薬品株が売られた。

参考トヨタ自動車、マツダなど25日移動平均線を割り込むチャートに懸念

日本株に弱気材料はドル高が加速した事だ、1ドル=120円の見通しが118円台で上値が重くなり年末年始で乱高下したが、トランプ記者会見後に115円台の節目を抜けてしまった。「円安=日本株高」のシナリオが、ドル下落により調整局面入りが濃厚になってきた。

大和証券では、「12月30日ザラバ安値18991円59銭を割り込むとダブルトップが完成し、18300円水準までの調整も懸念される。」とレポートで紹介している。ストラテジストは為替チャートの需要な節目を「1ドル=115円」、日経平均株価チャートの重要な節目を「19000円」とみているようだ。

また別の銀行系証券会社のレポートでは、18300円を中心とする18000円~18500円で当面の底値をつけにいく可能性を指摘していた。昨年から「まさか」が多い世界になっているので、日経平均の1000円幅調整も慣れてしまった感じがあるが、ここは大統領就任までの冴えない相場展開なのか、一旦は調整局面入りなのか見極めたいところだ。




参考IPOシャノン初値予想、好パフォーマンス投資妙味大
参考ブラックロック保有株リスト更新、大量取得銘柄が増加
参考トランプトレード継続、上昇率の大きい30銘柄リスト
参考一目均衡表チャート解説DVD

2017年見通し大手証券11社の予想、1ドル=120円、日経平均22000円

  

-テクニカルチャート
-, , , , , ,