メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

10連休ゴールデンウィーク後は株価下落する傾向がみられると予想

10連休相場展望

新元号「令和」が発表され5月1日午前0時に平成から令和へ元号が変わる。一部の産業界では新元号キャンペーンで成功する業種も話題になっているが、株式投資家・FX投資家は日本市場が大型連休の休場となるため、証券会社、FX会社など取引注意勧告を促している。

SMBC日興証券は大型連休のアノマリーとして、「大型連休後は株が下落しリバーサルが生じる可能性に留意したい」とレポートを発行。2019年4月27日(土曜日)から5月6日(月曜日)にかけて10連休は、史上初の10連休であり非常に注目されていると指摘。

海外市場は通常通りに取引されているが、日本だけ10日間連続で取引できない為、投資家にとって警戒が必要で、既に連休中に相場下落した場合に備えて連休前にポジション整理の売りが株価下落要因となっていることが話題となっている。

レポートでは過去のゴールデンウィーク前後の株価騰落を分析すると、連休前は下がってないが、5連休だった時は連休後に株価下落している傾向があったと解説している。

2019年ゴールデンウィーク10連休


参考相場展望レポート松井証券
参考業界最低水準の手数料は岡三オンライン証券

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




  

-日本株投資戦略
-, , , ,