メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

シンシア初値予想、カラーコンタクトレンズ「FAIRY」で成長企業

シンシア初値予想、IPO関係者からは公開価格30%上回る

12月16日、東証マザーズ市場にシンシア(7782)が新規上場する、IPO関係者によるシンシア初値予想は公開価格を30%上回る予想がコンセンサスの模様。

シンシアはカラーコンタクトレンズ「FAIRY」でヒット、おしゃれコンタクトレンズの草分け的存在で知名度が高い。元々は使い捨てコンタクトレンズ製造・販売が主流だが、おしゃれ用コンタクトレンズが医薬品医療機器等法の規制対象になったことがきっかけにカラーコンタクトレンズ需要が高まって成長している。

ブックビルディングの積み上がりは順調で仮条件1940円~2100円の上限2100円で公開価格が決定している。公開規模は10億円程度で、今期の営業利益予想は前期比2.8倍予想。

直近のIPO銘柄はキャリアインデックス(6538)、MS-Japan(6539)の2銘柄が上場したが、公開規模がどちらも30億円程度とサイズが大きかったことで品薄感が無く、上場初日に初値形成後は軟調な株価推移となっている。よく言われるIPOセカンダリー投資には、公開規模のサイズが判断材料となるため、シンシアは初値が異常な高価格でなければ、セカンダリー投資に参加しても見合う投資戦略を立てられよう。

12月のIPO投資戦略で申し込みに投資妙味があるのは、セグエグループ(3968)、イノベーション(3970)、ティビィシィ・スキャット(3974)が最優先銘柄だろう。

シンシア初値予想

無料で注目株をお届けしています、登録時間わずか1分

スポンサーリンク




  

-Market News
-, , , , ,