メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

任天堂株価見通しを4万2000円ニンテンドースイッチ販売台数想定以上

ニンテンドースイッチ&スマートフォンゲーム

マリオカートデラックス8

任天堂(7974)が3月に発売した新型ゲーム機「Nintendo Switch ニンテンドースイッチ」の販売台数が想定以上ということがわかり、任天堂も増産することを決定している。2016年のポケモンGO相場の高値3万2700円をブレイクして、任天堂株価は新たな上昇ステージに入っている。

岩井コスモ証券では任天堂レーティング「A」、目標株価を3万3000円から4万2000円へ引き上げた。アナリストはスマートフォンゲームとニンテンドースイッチが収益の2本柱として業績回復、2018年3月期の営業利益は前期比3.2倍を予想。成長性が高く増益になることでPERを高めに設定してもPER45倍程度になるとみているようだ。

ニンテンドースイッチは2017年3月期の販売目標台数200万台のところ、既に274万台を販売済み。2018年3月期に入り日本国内では品薄状態が続き購入困難、米国でも好調な売れ行きスタートとなっている。累計1億台を販売した「Wii」は発売開始初年度2007年3月期に584万台、2008年3月期は1861万台を売った。

マリオカート8デラックス、ゼルダの伝説シリーズなどの新作ゲームを投入することで、岩井コスモ証券予想ではハードゲーム機本体を1500万台、ソフト販売本数を5250万本を今期(2017年4月~2018年3月)に販売すると期待されている。

参考【無料登録】リアルタイムに最新情報をメールでお届け
参考ハピネット任天堂スイッチ関連銘柄注目、業績上方修正予想
参考任天堂、ブラックロックジャパンが5%超の株式を大量取得は先高観




  

-Market News
-, , , , , ,