メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

任天堂株価見通し「初押しは買い」?ポケモンGO相場は終わり?

任天堂とポケモンGO、アナリストが評価する業績と株価の関係

任天堂株価見通し「初押しは買い」か、まだ早いか?
ここをご覧ください⇒注目株をメールでお届け!無料登録

任天堂 7/26終値 2万3590円 +370円

昨日はストップ安まで売り込まれた任天堂(7974)が反発した、東証一部市場の売買代金トップ。一般的に株式の世界では「初押しは買い」という相場格言がある、投資家はいまの任天堂株は「初押しは買い」のタイミングなのか、「まだ早い?」なのか動向を睨んでいる状況だろうか。

メリルリンチ証券が任天堂のレーティングを「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価を2万200円から4万5500円に引き上げたことが市場関係者の間で話題となった。

アナリストはポケモンGOが大ヒットしたことが、今後リリースされる新作スマホアプリゲームの利益貢献を業績に織り込んでいないと指摘。複数のアナリストレポートを読むとポケモンGOがヒットしても、持ち分法適用会社とナイアンテックの運営開発なので任天堂の利益はインパクトが小さいので、株価は上がり過ぎという意見が多い。

 

任天堂NY株価チャート
任天堂NY株式市場のADR株価
しかし、秋には新作ゲームを配信開始する予定もあり、任天堂が保有するキャラクターを生かしたゲームを開発すれば大ヒットする可能性が感じられる。銀行系大手のレポートでは、この1銘柄で7000億円を超える史上最高の売買代金は、ITバブル時代に株価1万2500円だったソフトバンク(9984)が19万8000円にまで上がり、ヤフー株が1億円、富士通が5000円となった時に類似性があるという。

IT関連というだけで株価があがった銘柄はその後、悲惨な株価まで売られる。「本物」しか残らなかったということで、〇〇関連として本業に関係なく上がった銘柄ほど後が怖いことを歴史が証明している。

今月末には Pokemon GO Plus も発売される、1銘柄で売買代金が7000億円というのは如何にスゴイかというと、韓国株式市場の売買代金3220億円、台湾株式市場が3131億円、ロンドン株式市場が6766億円、ニューヨーク株式市場2兆4109億円と比較するとわかると思う。

日本の機関投資家、個人投資家だけではこれだけの売買代金に達することは不可能。必ず任天堂株が動いた背景には外国人投資家やヘッジファンドの大きなマネーが動いたことがわかる。彼らが動かした大きな資金はたった2週間で終わる相場なのかどうか?それを考えれば自ずと答えが出てくるではないだろうか。

--任天堂 各社レーティング&目標株価 一覧表---

レーティング 目標株価 日付
メリルリンチ 中立 買い 20200 45500 7月25日
JPモルガン Overweight Overweight 20000 20000 7月25日
三菱UFJ Overweight Overweight 27800 40300 7月20日
ドイツ証券 Buy Hold 23600 30000 7月19日
UBS証券 Sell Sell 15000 15000 7月19日
みずほ証券 買い 買い 22500 31000 7月15日
岩井コスモ 16500 26000 7月14日
カリヨン証券 売り 売り 13000 13000 7月13日
SMBC日興 3 3 14500 14500 7月12日
野村證券 ニュートラル ニュートラル 15200 15200 7月11日
SMBC日興 テクニカル分析で31300円処、場合によっては44000円処への上昇も 7月13日
日本株情報つづき

任天堂、証券会社10社のレーティング「強気5社、中立3、売り2」

任天堂の投資格付けをメリルリンチが「買い」に引き上げ、今後発売の「Pokemon GO Plus」

 

 

 

  

-Market News
-, , , , , , ,