メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

売買代金トップは三菱UFJ、米国金融規制緩和期待でメガバンク物色

トランプ関連株として金融株、銀行株が大商い

 

bank-wallstreet11日の東京市場で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が東証1部の売買代金トップ。前日比54.9円(9.8%)高の612.4円まで買われ、上昇率ランキングでもベストテン入り。個別銘柄では売買代金トップにメガバンク3行が並んでいる。

10日の米株式市場で、次期大統領となるドナルド・トランプ氏のもとで規制緩和が進むとの思惑から、JPモルガンやゴールドマン・サックスなど金融大手が大きく上昇しており、きょうの東京市場もメガバンクや地銀株のほか、野村ホールディングス(8604)などの証券株や、第一生命ホールディングス(8750)などの保険株も引き続き買われている。

クレディスイス証券がリリースした銀行セクターのレポートでは、メガバンク、特に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)にとってプラスと考えられるとコメント。金融規制緩和により米国銀行の収益機会拡大が見込まれ、MUFGユニオン・バンクを傘下に持ち、モルガン・スタンレーを持分法関連会社とするMUFGの収益にプラスに寄与するとみるほか、景気刺激策は米国長短金利差の拡大につながり、ドルを現地調達するメガバンク、特に規模の大きいMUFGの収益にプラスとなると解説。投資評価「アウトパフォーム」を強調している。目標株価は680円。

注目の為替レート

ニュースメール登録でお得な情報を早くお伝えします

スポンサーリンク




空メール登録で短期銘柄送ります

スポンサーリンク

  

-Market News
-, , , ,