メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

ビーブレイクシステムズ初値予想、2か月ぶりのIPO空白期間に注目

ビーブレイクシステムズ初値予想は上場初日買い気配

6月15日東証マザーズ市場に、ビーブレイクシステムズが新規上場する。上場承認日は5月12日、ゴールデンウィーク前の4月25日にアセンテック(3565)が上場してから約2か月間のIPOが無かった久しぶりの展開だけに注目度が「Sクラス」になっている。

ビーブレイクシステムズ初値予想は公開初日に初値付かず、上場2日目に持越しというパターンを予想する。業種は個人投資家に人気の高まりやすいクラウド関連で、同社クラウドERP(MA-EYES)の開発及び販売を手掛けるほか、IT人材派遣を行うシステムインテグレーション事業と営む。

公募売出し新株発行は16万4000株、公募自己株式の処分は8万6000株、売出6万2000株、OA(オーバーアロットメントによる売出し)は3万1200株、合計で34万3200株、公開価格は仮条件の1550円~1670円の上限1670円で決定、ブックビルディング需要は良好、公開規模は5億7300万円と小規模IPOで品薄に買いが殺到すると想定。

アセンテックから2か月間のIPO空白期間があり、例年この時期のIPO再開は初値が高騰するケースがほとんどだ。公開価格の2.3倍で3845円、アセンテックが公開価格の約3倍で初値をつけたことを想定して、ビーブレイクシステムズ初値予想は2.5倍の4175円~3倍の5010円とが期待される。




ビーブレイクシステムズ初値予想

参考最新の株式情報をリアルタイムで無料登録
参考SBI証券口座開設ネクシィーズ・トレード



  

-Market News
-, ,