台風10号の影響でポテトチップス、カラムーチョ生産工場に被害

Market News

フレンテ株価急落、台風10号の影響で湖池屋「カラムーチョ」製造工場が浸水

カラムーチョ

ジャスダック上場のフレンテ(2226)が出来高を伴い、マドを開けて急反落。やや下げ渋っているものの、朝方に前週末比223円(7.4%)安の2802円まで売られている。

会社側が2日の引け後に、前月30日に本州に上陸し、北海道・東北に被害をもたらした「台風10号」による同社グループへの影響を開示した。同社は、ふらの農業協同組合と業務提携しており、北海道空知郡南富良野町で同組合が運営する「シレラ富良野工場」にポテトチップスの製造を委託している。台風10号による暴風雨にみまわれて以降、同工場は浸水により操業を停止。現時点で生産再開の目途は未定と発表した。

「シレラ富良野工場」は傘下の湖池屋の人気商品「カラムーチョ」を含めたポテトチップスを製造している。ニッチだが、奇抜な商品で人気のある湖池屋のポテトチップス工場が被害を受けたとあって、失望売り、ショック売りが出ている可能性がある。前週末2日の出来高はわずか200株だった同社だが、きょうは午後1時40分現在で1万9000株と、実に95倍の出来高となっている。

無料体験7日間、レーティングと注目株をお届けします!

[adsense]



GPIFと日銀の保有銘柄、TDKとアドバンテストなど保有率が高い
日銀とGPIFの保有比率の高い銘柄リスト41社 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、日本銀行などが金融政策で日本株を買っている、公的資金で株を買い支えることはメリットもある反面で正常なマーケットでないというデメリットも発生する。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました