2020-02

Market News

そーせいグループ株価下落したため投資判断を引き上げ「B」→「A」

そーせいグループレーティング引き上げ 東証マザーズ時価総額上位銘柄そーせいグループ(4565)株価が下落、株式分割考慮した2019年9月高値は2794円から、時価1600円台まで下落した。 いちよし経済研究所レポートでは、そ...
日本株投資戦略

JPモルガン証券レポート日本株見通し新型コロナウイルス影響

日本製鉄4400億円赤字2月7日構造改革発表 野村證券が作成した鉄鋼セクターのレポートでは、新型肺炎が海外鋼材価格に与える悪影響や鉄屑価格の下落を踏まえると、普通鋼電炉の堅調な業績が4~6月期頃まで続き、高炉、特殊鋼電炉の業績落ち込みは決...
日本株投資戦略

新型コロナウイルス発生後の世界株価アジア株が軒並み大幅安

ヘッジファンドの日本株売り仕掛け入りにくい 立花証券による日本株見通しでは、米中貿易摩擦や新型肺炎が響き、幅広い業種で下方修正が相次ぎ、業績予想を見直した企業の63%が下方修正と指摘。現状ではまだ新型肺炎の影響が計りかねないため、今期業績...
日本株投資戦略

ローカル5G関連銘柄・NECと富士通-第5世代通信システム通信速度数百倍

自動車メーカー株式投資戦略 野村證券アナリストは自動車セクターレポートで、新型肺炎(新型コロナウイルス)がサプライチェーンに影響し、中国以外の自動車生産に深刻な影響を与えるリスクは比較的低いと指摘。 一部車種について1~2か月生産が...
テクニカルチャート

日経平均株価ボリンジャーバンド新型コロナウイルスへ過度な警戒感は後退

新型コロナウイルスと投資戦略 東洋証券日本株投資戦略では、新型肺炎(新型コロナウイルス)への過度な警戒感は後退しているものの、外部環境をにらみながらの流れは継続しそうと指摘。ニュースには一喜一憂する場面が予想されるとしながらも、米国の株価...
Market News

ダイワ・セレクション2020年2月号クラウド関連銘柄、ローカル5G関連銘柄

日本株20銘柄中、12銘柄が株価上昇 2020年の株式見通しは昨年末とうって変わり、世界の株価は年初から米国がイラン革命防衛隊司令官を殺害、イランがイラク米軍施設をミサイル攻撃、米中貿易協議、中国武漢市から流行した新型コロナウイルス感染な...
ゴールドマンサックス証券

ゴールドマンサックス、関西ペイント・信越化学「BUY」継続

ゴールドマンサックス証券レーティング ・三越伊勢丹(3099) 「中立」継続 目標株価980円→850円 ・アステラス製薬(4503) 「中立」継続 目標株価1750円→1800円 ・小野薬品(4528) 「中立」継続 目標株価215...
タイトルとURLをコピーしました