メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

世界株式見通し割安株よりも成長株優先の投資戦略に注目

FA関連の注目銘柄

世界株式相場見通し

みずほ証券が作成した制御・計測業界のレポートでは、7月の電気制御機器出荷統計、前月比で2カ月連続の増加、前年同期比で4月~6月期の11%減からマイナス幅を縮めるたことを受け、「FA各社に対してはやや安心感の広がる内容」と指摘。

米中貿易摩擦激化懸念や円高など、外部環境の不透明感は残るものの、7月統計で底割れ回避が再確認できたことや2019年に入り月次出荷金額水準が500億円程度と前回のFA需要ボトム圏にまで低下したことなどから、需要水準がここから一段と切り下がるリスクは限定的と解説。

前年同期のハードル低下などから、前年比でみたモメンタム改善が期待できると考え、FA各社への投資スタンスは、「徐々に循環的なモメンタム改善に備える局面」と位置付け。個別銘柄では、三菱電機(6503)、オムロン(6645)、キーエンス(6861)を推奨しています。




世界株式見通し・成長株優先投資戦略

東海東京証券レポートによる株式相場見通しでは、ドイツで財政出動の可能性が高まっていることやトランプ大統領が減税など景気配慮発言が見られ始めていることは株式市場にとって追い風と指摘。米中貿易戦争が更に激化している環境の中、日経平均株価が2万円台をキープしているなど、日本株の下げ渋りが見られている点はポジティブ材料と解説。

長期金利低下は継続するとみて、「バリュエーションが割安となっている銘柄よりも成長株を優先的に手掛けたい」とコメント。注目中小型株として、スター・マイカ・ホールディングス(2975)、ヨシックス(3221)、フューチャー(4772)、イー・ギャランティ(8771)、ベルク(9974)を紹介しています。

世界の粗鋼生産が需給悪化と中国景気減速

SMBC日興証券鉄鋼セクターのレポートでは、鉄鉱石、原料炭のスポット市況が下落基調で、高炉各社の下期業績は各社想定線かそれ以上の可能性があると指摘。それでも、世界の粗鋼生産が需給悪化を示していることや中国の鋼材受注PMIが大幅に悪化していること、高炉の輸出採算は悪化傾向にあることなど、業績の本格回復に向けた道筋が見えにくいと解説。業種格付け「弱気」を継続しています。

参考サラリーマン投資家注目株ランキング

資産運用シミュレーション(無料)

Theo+docomo
THEO+ docomo(テオプラスドコモ)が新手数料、おつり積立投資キャンペーンを開始。NTTドコモユーザーは dポイントが毎月貯まる新しいタイプの人工知能を駆使したロボットアドバイザー資産運用。「老後2000万円問題」から資産運用セミナー、iDeCo など資産運用が大注目されています。

株式投資、FX投資、暗号通貨投資(仮想通貨)など知識や投資に費やす時間が無い方でも「おまかせ投資」できるうえ、初めての方もスマホから簡単3ステップで無料口座開設がスピーディーに完了!

THEO+ docomo の特長

・資産運用ロボアドにAI(人工知能)搭載
・dポイントが運用額に応じて毎月貯まるメリット
・買い物の「おつり」で投資できるメリット
・機関投資家が採用しているアルゴリズム
・スマホから1万円で始められ自動積立投資が可能
・下記バナーから「資産運用シュミレーション」が無料


THEO AIアシスト-AIを活用してさらなる安心を。
〜国内主要ロボアド唯一のAI搭載(2018年8月末時点)
AIが資産の大幅下落を予想して、リスクを回避〜

  

-日本株投資戦略
-, , , ,