メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

短期トレーディングの投資手法、新規4銘柄と全部で57銘柄に注目

大手証券が小型成長株から新規4銘柄と全部で57銘柄に注目

buy-or-sell

国内トップ証券の野村證券は外食産業の小型成長株投資と短期トレーディングに注目とレポートを発行した。月次売上高の反応や季節性を利用した短期トレーディングという2つの視点を採り上げている。

同証券は小型グロース株として、くらコーポレーション()、ブロンコビリー、トリドールHDの3社をレーティング新規「BUY」でカバレッジ開始、アークランドサービスHDは利益成長が期待できるが割安感が無いためにレーティング「ニュートラル」で新規カバッレジ開始。

ドトール・日レスとサンマルクHDはレーティングを「BUY」から「ニュートラル」へ格下げ、レポートでは全部で57銘柄を紹介している。

「短期トレーディングは月次売上高の予想と株価の季節性分析でαは取れる」として、短期的な株価変動の予想を立てながら株式売買の投資手法を伝えている。

外食産業の小型成長株(野村證券 新規レーティング)

2695 くらコーポレーション 新規Buy
3091 ブロンコビリー 新規Buy
3397 トリドール 新規Buy
3085 アークランドサービス 新規ニュートラル
3087 ドトール・日レス Buy→ニュートラル
3395 サンマルクHD Buy→ニュートラル

 

【無料登録】短期スイングトレード銘柄をメール配信

スポンサーリンク




空メール登録で短期銘柄送ります

スポンサーリンク

  

-日本株投資戦略
-, , , , , ,