メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

日銀9月の金融政策決定会合で「総括的検証」、マイナス金利の深掘り

日銀は「総括的検証」、マイナス金利の深掘りがあるか?銀行株、保険株の見通し

bank-negative-interest

【野村證券】
銀行セクターのレポートでは、マイナス金利政策は銀行収益へのネガティブな影響の方が大きいと指摘。それでも、マイナス金利継続を想定しても足元の銀行株バリュエーションは3メガのPBRが0.5倍台で推移するなど割安度が強いことから、大手行に対する強気の投資スタンスを継続して、三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)と三井住友トラスト(8309)をトップピックで推奨。他では、非金利収益のモメンタムが強いみずほFG(8411)と第1四半期決算発表後セクターをアンダーパフォームしている新生銀行(8303)も買い推奨しています。

【大和証券】
地銀セクターのレポートでは、貸出金利息の減少や金融商品販売の苦戦などファンダメンタルズ面で株価上昇につながるカタリストは見出し難いと指摘。日銀によるETF買入増額が需給面での支援材料となることや長期金利の上昇もプラスに寄与するとしながらも、ファンダメンタルズ面への影響は短期金利の動向が重要になるとみて、セクター投資判断は「中立」を継続。個別では、預貸業務の見通しが相対的に良好なふくおかフィナンシャルグループ(8354)や静岡銀行(8355)に投資魅力があると分析しています。

【大和証券】
損保セクターのレポートでは、株主還元の魅力は大きく、短期的には中間決算に向けた自社株取得の発表に対する期待も高まりそうと指摘。自然災害については、台風9~11号の影響を加味しても現時点では各社の想定範囲内で推移していると考え、セクター投資判断は「強気」を継続。個別では、損保ジャパン(8630)と東京海上ホールディングス(8766)をレーティング「1」、MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)をレーティング「2」で推奨しています。

 

メルトレはこういう投資家にオススメです!

・他人より情報を早く知って株売買に役立てたい
・リスクを減らして小さい利益をコツコツ繰り返す
・いろいろな銘柄に投資して売買を楽しみたい
・相場のプロの考え方など注意点を知りたい
・機関投資家の読むアナリストレポートを知りたい
・良い情報を入手して自分で銘柄を選びで売買する
・日本株投資戦略など相場のポイントを知りたい
・外国人投資家やファンドの買ってる銘柄が気になる
・買いも空売りも儲けるために何でも売買する意欲
・1回の利食い100万円より10回で100万円
・株式取引もFX取引も情報があれば参加する

日米金融政策決定会合が注目株のチャンス到来!

◆読んでおきたいオススメ注目レポート
1)サイバーダイン目標株価300円まで下落:シトロンリサーチ
2)伊藤忠を空売り推奨:グラウカスリサーチグループ
3)2016~2017年度の企業業績見通し
4)政府肝いりのインバウンド政策

メールマガジン登録完了で上記レポートがご覧になれます。

7日間無料お試し

 

 

  

-日本株投資戦略
-, , ,