メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

IPO増加によって新興市場には短期資金の流入が見込まれる

12月IPO新規上場増加で個人投資家資金シフト

証券ジャパン日本株見通しでは、今週の東京市場はやや神経質な展開を予想。米中関係を巡る両国の動きや主要経済指標発表を受けた米国市場の動向に左右され、調整含みの可能性はあるものの、景気や企業業績の回復期待を映して下値はある程度限定的、主力銘柄は利益確定売りが広がりやすく、IPO増加によって新興市場には短期資金の流入が見込まれると解説。

日経平均のテクニカルでは、25日移動平均のボリンジャーバンドが+1シグマを割り込んだことで、25日線や-1シグマを試す可能性が出てきたとしながらも、早期に+2シグマを上回れば+3シグマに向かう可能性があると予想。今週の参考銘柄として、バルカー、ミネベアミツミ、島津製作所、大日本印刷、カオナビを紹介しています。

IPOスケジュール2019年12月

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




  

-日本株投資戦略
-, ,