メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

投資テーマ銘柄

高成長銘柄・高配当利回り銘柄リスト3月決算時期に注目株投資テーマ

高成長銘柄・高配当利回り銘柄リスト

3月決算期の投資テーマは「高配当利回り銘柄」となる、毎年恒例で友好的な投資方法だが「麦わら帽子は冬に買え」という例えと同じように仕込み時期が早くないとならない。3月の配当権利付き売買最終日に慌てて買うようでは既に株価上昇しているのでロスが出る投資方法になってしまうので、今のうちから目をつけるべき。

SMBC日興証券は投資参考銘柄として「高配当利回り銘柄」だけではPERが低くなり「成長性」も低くなるので「高い成長性が期待できる高配当利回り銘柄」をスクリーニングして紹介している。投資アドバイスとして良いアイデアを紹介しているSMBC日興証券はユニークで役立つ情報を発信している。

自動車セクターはマツダが下方修正、ホンダが上方修正と増配を発表、2月6日は注目のトヨタ自動車が決算発表する。2016年は円高に進み年後半から円安となったので円安による為替変動で業績底打ちから上方修正となるかが注目されている。日産自動車は傘下の三菱自動車がポジティブサプライズ黒字転換決算となったので注目度が高い。

住友商事、双日など総合商社株は資源エネルギー関連として注目される、OPEC減産合意からWTI原油先物価格が上昇しており、トランプ大統領登場で米国インフラ投資が盛んになり、銅、セメントなど価格上昇は商社株の収益増につながる。またアジア諸国へのインフラ投資、米国内インフラ投資で業績貢献度と為替影響が注目される。

JSR、デンカなど化学セクターは1月に入ってから株価パフォーマンスが好調、インフラに樹脂は欠かせない素材であり、スマホ、自動車向けにも需要が高い素材が注目されている。ゴム、原油価格、ドル高・円安も業績に影響を及ぼす。

マティス国務長官が来日した、東アジア地域、北朝鮮、中国をけん制するためにはアメリカ、日本、韓国の同盟国を重要視している。三菱重工やIHI、川崎重工業など防衛関連銘柄は国防費の増加で手堅い需要増が見込まれることも注目株投資テーマになるだろう。

高い成長が期待できる高配当利回り銘柄 配当利回り% 決算発表日
7201 日産自動車 4.32 2月9日
8053 住友商事 3.51 2月7日
2768 双日 2.75 2月3日
8035 東京エレクトロン 2.64
9513 電源開発(Jパワー) 2.52
4185 JSR 2.52
4061 デンカ 2.5 2月7日
6902 デンソー 2.42
5929 三和HD 2.37
7011 三菱重工 2.36
5938 LIXILグループ 2.26 2月6日
4681 リゾートトラスト 2.21 2月9日
お客様にもっと身近な相談窓口が誕生しました
サラリーマン投資家ランキング

参考GPIF運用ポートフォリオ保有銘柄、時価総額ランキング上位30社
参考サイバー攻撃対策関連銘柄、注目株はインターネットセキュリティ企業
参考経営者が選ぶ有望銘柄、日本経済新聞2017年1月1日特集
参考自動運転システム関連銘柄、政府はレベル3を2020年までに実用化
参考7日間無料トライアル・メールマガジンで配信される内容




  

-投資テーマ銘柄
-, , , , ,