メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

そーせい投資先行バイオ企業、レビー小体型認知症臨床試験に注目

認知症治療薬の臨床試験開始が株価材料

そーせいグループ株価が分割後の上場来安値を更新、午後2時35分に前日比32円安の1205円まで売られる場面があった。マザーズ指数の下落が市況ニュースで話題になるなか、株価パフォーマンスの悪いバイオ株を手放す動きが出ている模様。

新興市場のバイオ企業の株価は総じて軟調、ソレイジア・ファーマ(4597)は8月13日に221円まで下落して年初来安値を記録、ペプチドリーム(4587)は8月15日前場に3625円まで下落して年初来安値を記録した。

みずほ証券はそーせいグループ見通しについて、HTL18318のレビー小体型認知症の国内Phase2試験が間もなく開始されるとの考えに変更が無いとレポートで解説している。

また8月9日に2019年4月~6月期決算発表は研究開発投資先行のバイオ企業であり決算にサプライズはなく、バイオ企業を足元の業績で判断するのは適切ではないとも説明している。

いずれにせよ目先の株価は厳しい局面だが、8月に臨床試験開始が発表されたら調整してた株価反発の材料と注目されそう。

そーせい臨床試験スケジュール

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




そーせいグループHTL18318の国内フェーズ2試験が8月に開始

  

-Market News
-, , , ,