メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

シャノン仮条件決定、1300円~1500円でブックビルディング期間入り

シャノン初値予想は好パフォーマンス期待

2017年最初のIPO銘柄シャノン(3976)の仮条件が1300円~1500円で決定した。東証マザーズ市場に1月27日に上場予定。

シャノンはクラウドサービス、企業向けにマーケティングシステムを提供する。中村健一郎社長が2000年に大学在学中に友人と創業した。シャノンマーケティングプラットホームの開発販売、マーケティングコンサルティングを提供している。

年末からIPO空白期間が長かっただけに、シャノン初値予想は強気の見通しが多く聞かれている。株主構成に投資ファンドが約20%保有しているが、公開規模が小さく年末に上場したTBCスキャット(3974)のように公開価格の3倍という初値も可能性あり。

シャノン上場仮条件決定




参考IPOシャノン初値予想、好パフォーマンス投資妙味大
参考2017年見通し大手証券11社の予想、1ドル=120円、日経平均22000円
参考安江工務店(1439)上場承認、ジャスダックと名証二部に2月10日上場
参考一風堂が上場申請、3月下旬に東証マザーズ市場へ株式公開の見通し

  

-Market News
-, , , , , ,