メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

NYダウ372ドル安「ロシアゲート事件」トランプ大統領の弾劾要求

トランプ大統領の弾劾要求、株安ドル安

5月17日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価が急落、前日比372.82ドル安の20606.93ドル、ナスダック総合指数は158.63ポイント安の6011.24ポイントで終了、外国為替市場ではドル売りが加速、1ドル=110円79銭と3週間ぶりのドル安となった。

ロシアとトランプ大統領の疑惑を調査していたコミーFBI長官の解任が大問題になっている。新たに2月に辞任したフリン大統領補佐官への捜査を終了するよう直接FBI長官に要請していたことがわかり疑惑は深まるばかりだ。

ロシアゲート

・コミーFBI長官解任
・ロシアへテロに関する機密情報を漏えい
・FBI長官にロシア疑惑捜査の終了を要請

ロシアゲートFBIコミー長官トランプ大統領

株・為替の金融マーケットではトランプ政権による経済政策が実現しないとの不安が広がって、安全資産へ資金シフトの流れからドル売り、株売りとなった。米国株は2016年11月8日米国大統領選挙以来、最大の下げ幅で「トランプラリー」終焉が新聞を賑わさている。

VIX指数が歴史的低水準から急上昇

恐怖指数と呼ばれるVIX指数は5月8日に1993年以来23年ぶりの低水準9.77まで低下していたが、18日は急上昇して10台から15台まで46%の反発となっている。

米国民主党アル・グリーン議員が、トランプ大統領の弾劾を求めると米国下院で発言したことが注目された。トランプ大統領を罷免する弾劾に発展するのは米下院で過半数の可決をする必要があり、弾劾実現まで予想する意見は少ない。




参考ビットコイン価格が2年10か月ぶりの高値水準、トランプ相場の影響
参考トランプ大統領就任後のハネムーン期間、株式投資戦略 注目11銘柄
参考トランプ大統領議会演説に関する10のポイント、法人税改革とインフラ
参考トランプ相場いつまで続く?トランプ相場始まって以来、最大の下落幅
参考トランプ相場の第2幕入り、物色は好業績の内需関連、出遅れ株へ

  

-Market News
-, , , , , ,