メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

九州豪雨災害2020「水害対策関連銘柄」令和2年7月豪雨

「水害対策関連銘柄」令和2年7月豪雨

令和2年豪雨災害
九州地方を中心に大雨が深刻な被害をもたらしている「令和2年7月豪雨」被害状況は水害、土砂崩れ、停電、生活インフラの崩壊による普及作業が行われている。

2004年に新潟・福島豪雨、2018年に西日本豪雨、2000年以降7月は豪雨被害発生が多く災害被害額も大きい。政府の掲げる「国土強靭化計画」はインフラ工事、建設、土木工事、港湾工事など株式市場でも「国土強靭化計画関連テーマ株」として注目されている。

東海東京証券では「主な水害対策関連銘柄」として、ショーボンド建設の持株会社であるショーボンドホールディングス、不動テトラ、法面工事のライト工業、日特建設、上下水道コンサルタントのNJS、太平洋セメント、地盤補強の前田工繊、インフラ整備のいであを紹介している。

水害対策関連銘柄

水害被害額の推移

証券コード 企業名 水害関連注目株ポイント
1414 ショーボンドHD コンクリート補修、インフラ補修工事
1813 不動テトラ 地盤改良・消波ブロック最大手
1926 ライト工業 斜面・のり面地盤改良など特殊土木工事
1929 日特建設 基礎、地盤改良、のり面など特殊土木工事
2325 NJS 上下水道のコンサルティング業務
5233 太平洋セメント 特殊セメント、地盤改良材など展開
7821 前田工繊 高性能繊維を使った地盤補強材など製造
9768 いであ インフラ整備のコンサルティング業務

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考東海東京証券かんたんダイレクトサービス口座開設

プロの株式投資情報を格安で提供!注目株はアナリストにおまかせ

  

-Market News
-, , , , , , , , ,