メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

ロコンド初値予想、IPOベンチャーキャピタル保有株売り圧力を意識

ロコンド初値予想2000~2200円

3月7日、東証マザーズ市場にロコンド(3558)が新規上場する、ファッション衣料ECサイト「LOCONDO.jp」を運営、年商22億円、従業員70名、自社サイトの他、楽天ショッピングモールサイト、ヤフーショッピングサイトにも展開して販売層の拡大と集客を行ってる。公募92万4000株、売出し65万1700株、オーバーアロットメント売出し23万6300株、公開価格は仮条件の上限1850円で決定した。

ロコンドは「即日発送、送料無料、返品無料、自宅で試着」という過去に無かったサービスで若い女性顧客ターゲットに人気のファッションサイト。2017年のIPO銘柄は絶好調となっており、シャノン(3976)、安江工務店(1439)、日宣(6543)、フュージョン(3977)、ユナイテッド&コレクティブ(3557)、レノバ(9519)の全てが公開価格を上回る初値をつけ、安江工務店は初値が公開価格に対して50円しか高くなかったが上場後の株価上昇が高いパフォーマンスでセカンダリー投資も順調に見える。

こうした最新市況環境からロコンド初値予想は公開価格1850円に対して2000~2200円を基準とした初値を予想する。通常であればマザーズとしては公開資金調達規模が30億円を超えて上値が重たく、公開価格同水準か場合によっては公開価格割れの初値もあるのだが今の株式市況が好調、個人投資家がIPO銘柄に積極的な投資マインドなど理由にプレミアム価格がつくと思われる。ただし上値ではベンチャーキャピタル保有株の売却懸念があるので大幅高は期待せずに、適正水準を意識する冷静な投資判断も必要。




ロコンド初値予想

ロコンド上場IPO初値予想

参考IPOスケジュール2017年|新規上場会社情報
参考一風堂ラーメン力の源HD上場、初値予想は知名度と話題性の高さに注目
参考ユナイテッド&コレクティブ初値予想、セカンダリー投資妙味にも注目
参考緊急情報!注目株を配信、デイトレ短期からスイングトレード向け

企業沿革

年月 事項
平成22年10月 「送料無料」「返品無料」などを取り入れた「顧客サービス至上主義のECサイト事業」の展開を目的に東京都港区赤坂において、資本金3,800万円で株式会社ジェイドを設立
平成22年11月 東京都渋谷区恵比寿に本社移転
平成22年11月 埼玉県三郷市に物流拠点を設立
平成23年2月

平成23年8月

無料で試着できる、靴の通販サイト「LOCONDO.jp」サービスを開始

「LOCONDO.jp」において、バッグの取扱いを開始

平成23年11月 東京都港区赤坂に本社移転
平成24年4月 東京都江東区潮見に物流拠点を移転
平成24年7月 プラットフォームサービス第一弾として、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドの自社公式EC支援「BOEM(Brand's Official E-commerce Management)」を開始
平成24年8月 株式会社ロコンドに商号変更
平成25年4月 「LOCONDO.jp」において、アパレル(洋服)の取扱いを開始
平成25年10月 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジーFast50において、第1位を受賞
平成25年12月 デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500において、アジア太平洋地域内で第3位を受賞
平成26年4月 アウトレットサイト「LOCOLET」オープン
平成26年9月 東京都江東区南砂に物流拠点「ロコポート」を移転
東京都渋谷区元代々木町に本社移転
平成27年4月 プラットフォームサービス第二弾として、株式会社アルペンに「店舗欠品ゼロ」プラットフォーム「LOCOCHOC」サービスの開始
平成27年5月 スポーツ専門サイト「LOCOSPO」オープン
平成27年8月 プラットフォームサービス第三弾として、ルコライン・ジャパン株式会社に倉庫機能を一律で担う、「e-3PL」サービスの開始
平成27年8月 ECサービス第二弾として、「楽天市場(※1)」に「LOCOMALL」を出店
平成27年10月 「Yahoo!ショッピング(※2)」に「LOCOMALL」を出店
平成28年3月 スマホで使える、当社内製の「WMS(在庫管理システム)」の運用を開始
平成28年8月 「LOCOCHOC」の機能を拡張し、百貨店向け在庫シェアリング型次世代オムニ戦略ツール「LOCOCHOC-D」「LOCOCHOC-4C」サービス開始
平成28年11月 スペイン発のグローバルファストファッションブランド、MANGOとのオンライン(自社公式EC含む)及びリアル店舗における、国内独占フランチャイズ契約を締結
平成29年1月 「LOCONDO.jp」iPhoneアプリ リリース

1.楽天株式会社が主な事業主体であるインターネットショッピングモールであります。
2.ヤフー株式会社が主な事業主体であるインターネットショッピングモールであります。

  

-Market News
-, , , , , ,