メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

フランス大統領選挙ルペンリスク消滅、ドル円為替予想1ドル115円

VIX指数(恐怖指数)9.77まで低下、1993年12月以来

フランス大統領選挙の決選投票でマクロン氏が勝利、ルペンリスク、北朝鮮リスクの地政学的リスクが2つも後退したことでVIX指数(恐怖指数)は9.77まで下落、1993年12月以来の大幅低下が注目されている。

野村證券ではルペンリスク消滅後のドル円為替予想を6月末までに1ドル=115円を試す展開を見込み、ユーロは目先の上昇局面で利益確定の売りをこなしてユーロ/円は124円近辺を維持していく可能性を示している。

一方で大きな為替変動が見られたのは豪ドルで、フランス大統領選挙から主要通貨に対して全面安となっている。豪ドル安の理由は、ルペンリスクの消滅によるポジションの巻き戻しと、交易条件の悪化と考えられているが、売り込まれたあとは短期的に反発を予想。

参考5月の株為替見通し「ドル高・円安・株高」日経平均株価2万円目指す
参考30通貨ペアの為替チャート・レートが見られるザイFX!

FX関係者からは、ユーロ/ドルの続伸が限定的だと指摘。外国為替市場ではフランス大統領選挙でマクロン氏が勝利することを織り込み済みであり、次の関心事「米FOMC利上げ」へ向いているからだという。

ヘッジファンドは短期筋がユーロ/ドル、ユーロ/円の利益確定売りを出し、本邦生保などはドル/円、ユーロ/円の押し目買いを継続との模様。

テクニカル面では1ドル=112円81銭の一目均衡表の雲の上限を突破したことで、上値の重さが軽くなったと見られ6月14日のFOMCで米国追加利上げがハッキリするまでは112円~114円のレンジで推移するとの予想。

らくらくFX


ニューズウィーク

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2017年 5/16号 [コリア・リスク]

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:国際情勢10大リスク」〈2017年5月2日・5月9日合併号〉 [雑誌]

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:トランプ vs 北朝鮮」〈2017年4月25日号〉 [雑誌]

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:フランス大統領選 ルペンの危険度」〈2017年4月4日号〉 [雑誌]

  

-Market News
-, , , , , ,