メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

外国ファンド「オーバーウエート銘柄リスト」新規BUY組入れ8銘柄

野村證券アナリストレポート

テレビ局業界のレポートでは、放送単体の営業利益は第1四半期決算として過去最も厳しかったと指摘。番組制作費計上の後ずれを理由に、同証券の営業利益予想は全社上振れたものの、第2四半期のスポット広告収入も低迷が予想され、株主還元を含めた連結経営の重要性が高まっていると解説。

決算発表結果は、フジ・メディア・ホールディングス(4676)>日本テレビホールディングス(9404)>東京放送ホールディングス(9401)>テレビ朝日ホールディングス(9409)の順に印象が良かったと評価。デジタル戦略遂行のスピードが今後の企業評価の鍵になるとの見解を示しています。

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

ゴールドマンサックス証券アナリストレポート

外国ファンドポジションのレポートでは、4~5月にTOPIXをアウトパフォームした外国ファンドのオーバーウエート銘柄は、過去1ヵ月半ほどはアウトパフォーマンスがやや頭打ちと指摘。外国ファンドのアンダーウエート銘柄は3月下旬以降、一貫してアンダーパフォーマンスが続いているとして、セクター別では、電機・精密のアクティブ・ウエート増加が続き、アクティブ・ウエートの増加傾向が続いていた医薬品はやや減少、アクティブ・ウエートの減少傾向が続いていた情報通信は増加していると解説。

外国ファンド・オーバーウエート銘柄リストには、コマツ(6301)、スズキ(7269)、東洋水産(2875)、ダイキン工業(6367)、楽天(4755)、アズビル(6845)、GMOインターネット(9449)、PALTAC(8283)を新規組み入れ。外国ファンド・アンダーウエート銘柄リストには、三井不動産(8801)、日本たばこ産業(2914)、パナソニック(6752)、ブリヂストン(5801)を新規組み入れしています。

投資情報レポート

SMBC日興証券アナリストレポート

銀行セクターのレポートでは、1Q決算で与信費用が出にくいといった業績内容は概ね想定線と指摘。アメリカ10年債利回りが0.5%台に沈み、株主還元や今後の与信費用に対する不透明感も払拭されない中、純利益進捗率が高くても買われることはなく、低進捗率には素直にネガティブに反応したと解説。株主還元については想定線ながら動きなしで、自社株取得・増配の解禁は早くても2Q決算時、場合によっては2022年3月期になると予想しています。

三井住友DS投信直販ネット

  

-日本株投資戦略
-, , ,