メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

インバウンド関連株に変化の兆し化粧品株から日用品株への投資シフト推奨

インバウンド関連株

化粧品訪日外国人

三菱UFJモルガン・スタンレー証券トイレタリー・化粧品セクターのレポートでは、駆け込み需要が業績を支えた7~9月期決算は、マーケティング費用の影響を控除した実質的収益力が日用品、化粧品企業とも向上したと指摘。今後の業績モメンタム低下が懸念されるのは、駆け込み需要期間中マーケティング比率が増えている企業、9月末の売掛金や在庫の回転期間が 6月末より悪化している企業として、こうした企業群は次の四半期で売上の減速感が相対的に大きくなる懸念をはらんでいると解説。

参考【POLA】公式サイトで他オススメ商品を見る

化粧品株はまだ推奨しづらい状況と位置付け、「化粧品株から日用品株への投資シフト推奨」を継続。個別では、花王、ライオン、ファンケル、ピジョン、アース製薬を推奨しています。

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




  

-日本株投資戦略
-, ,