メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

投資テーマ銘柄

自動運転関連銘柄40社リスト(非上場ZMP)

2016/10/26

自動運転関連銘柄はすそ野の広い産業で夢のテクノロジー

日産自動車は2020年までに自動運転車(Self Driving Cars)を発売予定、グーグル、テスラ、トヨタなど世界の自動車メーカー大手は自動運転技術を競っている。ドイツのBMWは米インテル、イスラエルのモービルアイと提携して、2021年にレベル5の完全自動運転車を発売する計画。BMWの研究中のレベル5とは、完全に人の操作が必要としない「完全自動運転車」のことを意味する。

とある調査では、2030年に北米では4台に1台の割合でレベル3~レベル4の自動運転車になるという。日本では2020年の東京オリンピックまでにロボットタクシーを走らせる計画。カーマニアには、自分で運転する楽しみがあるが自動運転車では運転する楽しみが無くなってしまう。スポーツカーの自動運転車はコンセプトの方向性が全く否定されてしまうという感じもするが・・・

自動運転関連銘柄リスト
写真:テスラ オートパイロット

|スポンサーリンク



 

疑問はたくさん残るが夢の自動運転車

自動運転車と従来の有人運転車がぶつかった場合の事故はどうなるのか?
自動運転車同士ならぶつかったり事故は起きないのだろうか?
渋滞は解消されるのだろうか?
自動運転なら飲酒運転も大丈夫?
価格が高級すぎて一般庶民が買えない値段だったら普及しないじゃないか?

などといろんな疑問は残るが、夢は大きいテクノロジーだ。

自動運転の定義

日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) では自動化のレベルを以下のように定義している[8][9][10]。

レベル0
ドライバーが常にすべての主制御系統(加速・操舵・制動)の操作を行う。前方衝突警告(FCW)などの主制御系統を操作しない運転支援システムもレベル0に含む。
レベル1
加速・操舵・制動のいずれかをシステムが行う状態。自動ブレーキなどの安全運転支援システムによる。
レベル2
加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態。アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)等がこれに該当する。ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要がある。その為、2014年時点で市販されているシステムはある程度の時間(10~15秒等)、ハンドルから手を離しているとシステムが解除される等の仕様となっている。
レベル3
加速・操舵・制動を全てシステムが行い、システムが要請したときはドライバーが対応する状態。加速・操舵・制動を全て自動的に行うシステム。通常時はドライバーは運転から解放されるが、緊急時やシステムの限界時には、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じる必要がある。事故時の責任はドライバーとなる。レベル3に該当するシステムは2016年時点で市販されていない。しかし、2016年時点で多くの自動車メーカーやその他の企業が、レベル3相当の自動運転車の市販に向けて開発を行っており、日本政府も2020年までにレベル3自動運転車の実用化を目標としている。

レベル4
完全自動運転。加速・操舵・制動を全てドライバー以外が行い、ドライバーが全く関与しない状態。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムや外部に委ねる。有人、無人両方がある。レベル4に該当するシステムは、上記の鉱山等で運用されている無人ダンプや無人軍事用車両等、特殊環境で運用されているもののみで、一般市民が公道を走れるものは2016年時点では市販されていない。
2016年に世界で初めてオランダで公道でレベル4相当の無人バスの試験運転が開始された。無人バスは、WePodと名づけられている。それまではレベル4目的の試験車両でも公道走行時にはドライバーが必ず必要であったが、これはドライバーなしでオランダ社会基盤相等の6人の乗客を乗せての公道走行を行った。公開されたデモでは約8km/hで約200mほど公道を運転手不在で走行しただけだが、2016年の夏には一般の乗客を乗せて、約24km/hで約11kmほどのルートを走行する公共交通機関として運用が開始される予定である[11][12]。
日本政府はレベル4の自動運転の実現は2020年代後半を目指すとしていたが、上記のように特定のルートを走る無人タクシー、バスという形で海外でレベル4の自動運転車の実用化が具体的になってきたこともあり、日本においても東京オリンピックが行われる2020年にレベル3の自動運転車の実現と平行して、レベル4の無人タクシーの運用開始を目標とする事を発表した[13]。
アメリカでは、カリフォルニア州でレベル4の自動運転車を規制する法案がカリフォルニア州運輸局から提出されたが[14]、その後、より上位のアメリカ全土の交通規制を管理するアメリカ運輸省は、「自動運転の人工知能はドライバー」であるとレベル4を容認する見解をしめした[15]。

SAEインターナショナルではNHTSAの定義を6段階に再定義している。レベル3まではNHTSAと同じであるが、NHTSAレベル3とレベル4の間を埋めるレベル4が定義されており、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーが適切に応じなかった場合でも、特定の運転モードにおいて自動化された運転システムが車両の運転操作を行う。SAEのレベル5がNHTSAのレベル4相当の完全自動運転である。

引用元:wikipedia 「自動運転車

メルマガ登録で1週間、メルトレ情報サービスが無料で受け取れます

投資情報メール配信

自動運転関連銘柄40社リスト

2303 ドーン
3105 日清紡ホールディングス
3652 デジタルメディアプロフェッショナル
3663 アートスパーク
3724 ベリサーブ
4667 アイサンテクノロジー
6479 ミネベア
6501 日立製作所
6503 三菱電機
6632 JVCケンウッド
6701 NEC
6702 富士通
6723 ルネサスエレクトロニクス
6751 日本無線
6752 パナソニック
6758 ソニー
6770 アルプス電気
6773 パイオニア
6779 日本電波工業
6796 クラリオン
6856 堀場製作所
6902 デンソー
6929 日本セラミック
6976 太陽誘電
7201 日産自動車
7202 いすゞ自動車
7203 トヨタ自動車
7205 日野自動車
7259 アイシン精機
7261 マツダ
7287 日本精機
7746 岡本硝子
7908 KIMOTO
9232 パスコ
9437 NTTドコモ
9474 ゼンリン
9475 昭文社
9984 ソフトバンクグループ
9995 ルネサスイーストン
非上場 ZMP
日本株ランキング
メルマガ登録で1週間、メルトレ情報サービスが無料で受け取れます



  

-投資テーマ銘柄
-, , , , , , ,