メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

投資テーマ銘柄

大手証券がまとめた「低リスクかつ割高銘柄リスト注意が必要な銘柄」

そーせいグループ、ペプチドリームなど薬価引き下げ発言の影響で下落

バイオ関連株が売られている、マザーズ市場ではそーせいグループ(4565)が5日続落、東証一部市場ではペプチドリーム(4587)が3日続落となっている。主力では武田薬品工業(4502)が2日続落、アステラス製薬(4503)は7日続落と厳しい。

米国市場でもバイオ関連株、医薬品株が軟調、トランプ氏が「薬価引き下げ」に関して言及したことで上値が重たくなっている。日本株式市場でも、米国株式市場の流れを継いでいるようだ。

銀行系大手証券では、「メインシナリオとして日本株は年末に向けて上昇」とレポートで紹介している。米国トランプ政権への期待、円安1ドル=110円台を推移は今後業績上方修正する可能性が高い、政策面からも日本株が買われやすい環境になりつつあるという。

12月7日発行レポートでは「低リスクかつ割高銘柄リスト(64銘柄)」に、これら薬品関連株が多く含まれており、キッコーマン、味の素、伊藤園、オリエンタルランド、LINE、キーエンス、マキタ、ユニ・チャームなど、かつて人気のあった好パフォーマンス銘柄が今は軟調になっている。

低リスクかつ割高銘柄リスト(注意が必要な銘柄)

2229 カルビー
2502 アサヒグループ
2503 キリンHD
2587 サントリー食品
2593 伊藤園
2651 ローソン
2670 ABCマート
2801 キッコーマン
2802 味の素
2811 カゴメ
2897 日清食品HD
3349 コスモス薬品
3382 セブン&アイ
3391 ツルハHD
3938 LINE
4021 日産化学工業
4307 野村総合研究所
4452 花王
4502 武田薬品
4519 中外製薬
4527 ロート製薬
4530 久光製薬
4536 参天製薬
4543 テルモ
4661 オリエンタルランド
4666 パーク24
4684 オービック
4716 日本オラクル
4732 ユー・エス・エス
4967 小林製薬

(大手証券がまとめた「低リスクかつ割高銘柄リスト(注意が必要な銘柄)」は全部で64銘柄記載されている)

無料メルマガ登録で注目株を配信!今ならレポートもプレゼント
サラリーマン投資家ランキング




一目均衡表チャート、買いシグナル・売りシグナルがわかる

  

-投資テーマ銘柄
-, , , ,